毎日を楽しく自分らしく


by keserasera
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
b0306745_15374264.jpg
b0306745_15253953.jpg

家にある大きなスプーンも木のスプーンもみ~んな、洗いに出されてしまいました。
犯人は息子。
大好きな黒豆を一口、一口と食べる度にスプーンの洗い物が増えていったのです。
正確には・・・・・私もまぁ同罪。012.gif

b0306745_15294863.jpg

おやつに食べ、冷蔵庫を開けては一口食べ、風呂上がりにも一口食べ、ちょいと歯磨き前にも最後の一口。

あっという間になくなってしまいました。
でもパクパク食べられるような黒豆なんです。

b0306745_16022190.jpg
このおいしい「さわちゃんの黒豆」のレシピが我が家にやってきて、いつのまにか10年以上たってしまいました。

それはあるお正月のことでした。

さわちゃんちでいただいた黒豆があまりにも絶品で、その場にあった箸袋をひろげて作り方をメモしてきたのです。005.gif

今ではすっかり我が家のレシピ。
10年間で我が家流に少し分量が変わりました。
甘さは控えめ、やめられない、止まらないおいしさです。

b0306745_15383479.jpg

材料

黒豆 400g

砂糖 200g

醤油 大さじ2

重層 小さじ 4分の1

水   6カップ位

作り方 
砂糖、醤油、水を鍋に入れて沸騰させます。そこに重層を加えます。
洗った豆をその中に入れて一晩そのままおきます。

b0306745_15392147.jpg
翌日より、豆がいつも浸っているように水を足しながら1回1時間位を2~3回家事の合間に
ちょこちょこと火にかけます。
最初はアクが出ますのでこまめに取ってください。045.gif


b0306745_15395527.jpg
アクが取れたら、鉄釘の代わりにアルミホイルで落としブタをします。

合計3~4時間かけて弱火で煮ます。手で押すとつぶれる位にします。
煮た後も豆が顔を出さないように汁にひたしておきます。

b0306745_15412096.jpg

冷めたら冷蔵庫で寝かせます。
(保存の時にも豆が汁から顔を出さないようにします。)
味が落ち付いておいしくなります。

一晩たつとサラサラだった煮汁がとろっとしています。
お砂糖の種類にもよりますが、普通の白砂糖のほうがどろっととろみがつきます。
我が家ではきびとうを使うので、わりとさらりめのトロッと感になります。

コツはアルミホイルの落としブタと重層、豆が汁から出ないこと、ちょこちょこと煮る事でしょうか。034.gif

お正月にいかがですか?












[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-12-14 16:05 | レシピ | Trackback | Comments(0)
12月6日のブログ 「砂鉄で花火作れるの?その②」


の続き第3弾になります。

ホッカイロの中身で花火を作るというところからです。003.gif

まず、使ったホッカイロの中身を出します。

b0306745_15461746.jpg

ほとんどが、おおきな粒でしたが、花火に使用するため少し細かく砕きました。

これをティッシュ上に並べます。023.gif


b0306745_15485088.jpg
端からくるくると巻いてひも状にしました。

子供との作業ですからね、気をつけていても家の中は結構砂だらけ・・・・034.gif

スリッパがじゃりっじゃりっとします。037.gif

b0306745_15495588.jpg
針金と菜箸で持ち手をつけて、いざ点火。027.gif


b0306745_15511706.jpg
ところがうまくできません。

ある程度、火力の勢いがないとだめなようです。

そうえいば、昔、火の温度は色によって違いがわかると習ったような記憶が蘇りました。

ろうそくの火はオレンジ、ガス台の火は青だったなぁ・・・・・・と

余計なことを思い出しました。046.gif

前回実験した時のように、芯になるものをアルコールで浸す、灯油に浸すなどを

すればよかったのですが・・・・・・・・・・・・・・・・・

b0306745_15542452.jpg
キッチンのガス台でやってしまいました。005.gif

今考えると、安易。009.gif

素人があまり考えずにやって、事故にならなくてよかったです。反省。002.gif

でも、御覧の通り、花火のようなぱちぱちを再現できました。

みなさんはこのような真似はしないでくださいね。・・・・反省025.gif

ちなみに、写真では炎の色はオレンジ色ですが、投入前には青色、投入直後

色が変わりました。

緊張でなんだかとても疲れてしまいました、笑。

わくわく感がしぼんで、緊張感の膨らんでいった私の心。苦笑

次のなんだろう?どうだろう?が湧き上がるのを待ちます。

おまけの泥団子の報告もしておきます。

b0306745_17164263.jpg
河原で作った泥団子。

家に持ち帰ってよく乾かしました。途中で割れてしまうのではないかとちょっと

ドキドキしましたが無事、乾燥。

乾燥したものにスプレー塗料をしました。スプレー塗料はクリスマスリースを作った時の

あまりもので、銀色とクリアの2種類。


b0306745_16133660.jpg

乾いては塗り、3度塗りしました。

b0306745_16153067.jpg
銀玉はアルミホイルを巻いたじゃがいもみたい。

クリアのほうもカチンコチン。

さて、やりたかった水の中に投入。034.gif

b0306745_16170762.jpg
マリモみたいで可愛らしい。
b0306745_16173489.jpg
銀のほうは早くも小さな泡がゆっくりと上がっています。

塗料が上手く塗れていないところがあったのでしょう?

どれ位もつのだろう・・・・・?

テレビを見ながら時々触ってみるけれど、変化なし。がんばっています。

そして翌日、約16時間後になります。

b0306745_16203858.jpg
銀玉のほうは少しひびが入って土の部分が見えていました。

クリアのほうは変化なし。

結構、もつものですね。

息子はこのクリアの泥団子、水に濡れても崩れない魔法の泥団子として学校に

持って行きました。盗まれないようにどこかに隠してきたと言います。003.gif

「どこに隠してくたの?」と聞くと自分のロッカーの奥だそう。

母さんは頭の中にイメージしました。

冬休み前の大掃除の日、壊れたお団子で砂だらけのロッカーに、君はずいぶん前に作った

泥団子の存在を思い出すだろう・・・・・と。037.gif











[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-12-07 07:04 | わくわくな遊び | Trackback | Comments(0)
12月4日のブログ記事 「砂鉄で花火作れるの?」

http://shirotume.exblog.jp/21583870/

からの続きです。

火薬を使わずに砂鉄で簡単に花火が作れるという情報をみつけ、河原で砂鉄を

集めました。

まずはこんな風に実験をしました。027.gif

b0306745_20401544.jpg
新聞紙の下のほうに砂鉄を広げるように入れます。

b0306745_20412738.jpg
それをこのように折り込んで後は端からクルクルと巻いていきます。

線香花火の大きい版みたいのものができました。

b0306745_20425147.jpg
わぁ~い、わぁ~い、できた~と早速外に出て実験してみます。

火をつけます。

b0306745_20530571.jpg
ところがまったく火がつかないし、火のついたところが穴になって、砂鉄がさらさらと

流れてしまいました。

ちょっと考えて、今度はねじった新聞紙の先を灯油に浸し、砂鉄をまぶすようにつけて

みました。

そして火をつけてみます。

b0306745_20570187.jpg

灯油が含まれているのでよく燃えましたが、花火のようなパチパチは見られませんでした。

この日の実験はひとまず終わり。

だって、母さんだもの、ご飯の支度もあるんですよ~。

砂鉄で火薬を使わずに簡単に花火ができる・・・・訳ではなさそうだなぁ・・・・これは・・・・

それから数日少し調べてみました。

自然界にある砂鉄は、鉄鉱石で、酸素と結合した酸化鉄。

なんで砂鉄は水に濡れてもさびていかないんだろう?と思っていたのですが

酸化鉄だからなんですね~。フンフン、なるほど・・・・・045.gif

自然界においては酸化鉄でいるほうが安定しやすいとか・・・・。

この酸化鉄を鉄にするにはいくつか方法があり、その一つがテルミット法。

テルミット法というのは砂鉄にアルミニウムの粉を混ぜ火を付けます。

アルミニウムはとても燃えやすい金属であるということ。

そして燃えるときには酸素を使いますよね。

その燃える時に砂鉄(酸化鉄)に含まれている酸素も使い、パチパチとした花火の

ような反応が起きます。

これが作りたかった花火の様子。034.gif
 
そして反応した酸化鉄は鉄に還元されるということらしいです。

その時の温度、何度だと思います?もうびっくり1000度以上だそうです!!

ヒィ~、怖い・・・・・・008.gif

もう遊びではなく、りっぱな危険を伴う実験だということです。008.gif

そして集めた砂鉄はこのままの状態では花火にならないということです。

アルミニウムの粉を混ぜなければいけないのですが、怖~い。028.gif

身近にあるものでアルミ二ウムの粉を作るのはアルミホイルを硬く棒状にして、

それを金属のやすりで削いでいくというやり方がよさそうではある。

でも、この段階でソロリソロリと私のシャッターはおりてしまいました。笑。002.gif

実験をしてみたいと思った方はどうぞ配合ややりかたなどご自身できちんと

調べてからにしてくださいね。 

大量になれば爆発物となりますので。 ヒィ~028.gif

そして、ここからは私にとって付録的な実験です。

砂鉄を鉄にする別の方法でたたら法というのがあります。

もののけ姫の映画で出てきた、たたら場のシーンは、女性たちが高温の炉の中に

砂鉄と炭をいれて、何日もかけて鉄を作るというものでしたが、それです。034.gif

女性たちがたたら場で歌を歌いながら鉄を作っているとき、ぱちぱちとした火の粉が

上がっていたように思います。

そのたたら法で使う鉄粉、炭などが入っているのが身近なものではホッカイロ。

ホッカイロの中身を見てみると、鉄粉、水、バーミキュライト、活性炭、塩類

と書いてあります。

この中身の粉を花火状に包めば線香花火のようになりそうです。

というわけで、使ったホッカイロの中身で付録実験をします。027.gif

次回へつづく・・・・・・・


内容的にはだいたい合っていると思いますが、素人の勉強嫌いの母のしらべもの

でありますので、ご了承ください。018.gif






[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-12-06 10:06 | Trackback | Comments(0)

砂鉄で花火作れるの?

先週末は、主人が仕事で息子と二人の休日でした。

「今日は何する?」

「八ヶ岳でスケート」 と 「砂鉄集め」・・・・この2つが候補に上がりました。

私は八ヶ岳でスケートがいいなぁ…・とひそかに思っていましたが

息子は即答「砂鉄!」034.gif

そうだね~、ずっとやろうといいながらやっていなかったもんね。

横浜にいる時には、海に砂鉄を取りに行きますが、ここは山梨、

近くの釜無川にやってきました。 (現在、横浜と山梨の2重生活中です)

b0306745_16482869.jpg
海って砂鉄がすごい取れるの知っています?

たぶん1時間で1キロ位は取れると思うなぁ・・・・・・045.gif

この釜無川で取るのは初めて。さてどうかな?

砂の中に磁石をザザザっと入れてみます。

b0306745_16513391.jpg
あぁ~あるある、一回のザザザッでこんなにくっついてきました。041.gif

これは大漁予想!

楽しく遊んでいると、土手の向こうから小学生1人が河原に降りてきました。

小学生「何してるんですか~~~?」

 私  「砂鉄集めてる~~」

小学生「あぁ~、でも砂鉄集めるのって結構面倒じゃないですか?」

私  ・・・・・・・・・ 023.gif
   
   「いいもの見せてあげる」
 
私は集めた砂鉄を並べて見せます。

じゃ~んと誇らしげ! 

どうだっ!とばかりに!

b0306745_17011320.jpg

2㎝位の磁石に砂鉄がくっつき、5センチぐらいのまっくろくろすけに変身しています。

小学生 「それで、これどうするんですか?」

 私   「へっ?」
    
     「それだけで楽しいよっ」と思いながら、
    
     「砂鉄で花火、作ってみるんだっ」と答えます。027.gif

小学生からはこの後、質問攻めです。

いつのまにか一緒に混じり合って遊んでいます。

・・・・・・・・・・

砂鉄の後は、泥団子作ります。

小学生 「えっ泥団子?それは何するの?」

 息子  「えっとねぇ、アクリルスプレーして、水の中に入れてみるんだよ」

またまたこの後も小学生からの質問が続きます・・・・・・・

息子が答えています。

b0306745_17164263.jpg
楽しく遊んだあとは大事に泥団子を持ち帰りました。

もちろん砂鉄もです。

泥団子にアクリルスプレー・・・・・は

ブログ記事「クリスマスリースを作ろうかその2」

http://shirotume.exblog.jp/21463404/ の中で使ったアクリルスプレーからの

流れで、泥団子って塗料でマクを作って、水の中に入れるとどうなるんだろうね?という

小さなおもいつきを実験してみようということになりました。

砂鉄で花火もね・・・・・・ちいさな思いつきから実験してみたいということに。

でも今日はこのへんで~・・・・・・・

次回へ続きます・・・・・・・・。











[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-12-04 06:32 | わくわくな遊び | Trackback | Comments(0)

冷凍庫で霜柱を作る

ここ山梨県南アルプス市の朝はずいぶん冷え込んできて今朝も氷点下。

朝のスロージョギングに出ると、凍った葉っぱや畑に見とれます。

きらきらしてきれい。

白黒の世界のように見えるのが不思議。012.gif

霜柱は5センチはありそう。

時々通り過ぎる車の人もいっぱい着込んで運転しています。

信号で車が停まりました。

車の中のおじさんは外にいる私のほうを見ています。

きっと、あの人寒そうだなぁ・・・・・と見ているに違いありません。

本当は気持がいい位なんだけど、おじさんの期待に添うことにしました。017.gif

おじさんの方向に何気に体を向け、ゆっくり大きく息を吸い込み、

「はぁ~~~~~~~~あ~~~~」

と低い声を出すように息を吐きました。

すごいぞ、私!今、蒸気機関車のよう。041.gif

今の息は自分でかっこいいと思いました。

きっとおじさんもそう思ったはず。笑037.gif


息子が冷蔵庫で霜柱を作りたいと言ったのを思い出しました。

今日はやってみよう。

b0306745_18414415.jpg

水を含ませたスポンジを下に敷き、その上に土をのせます。023.gif

b0306745_18422472.jpg

プチプチに包んで冷凍庫へ。

冷凍庫に土!!結構勇気のいるもんです。

でもやっちゃうぞ!021.gif

その為に色々食べて冷凍庫のスペースも作ったのですから。

b0306745_18431435.jpg

1時間ごとに出してみます。

なんだかいい感じ・・・・

と途中までは思っていたのですが、最終的にはただのカチンコチンの土に

なってしまいました。

失敗に終わる・・・・・。021.gif

b0306745_18445028.jpg
いつもならこれで諦める私ですが、昨日、中学生による素晴らしい研究のプレゼンを

見たばかりの私はイヤイヤ、ここでやめてはいかん!と再挑戦することに。

ネットで調べてこんな装置を作ってみました。

b0306745_18454552.jpg
ペットボトルをふたつに分け、下に水、上には土を入れました。

空き缶の中には氷と塩を入れて土の上に置きます。

土の中の温度が0度以上で表面の温度が0度以下になると霜柱ができるらしいです。

数時間、氷と塩を足しながら様子を見ます。

そして5時間後、土の変化はなく、缶の底を見てみると霜らしきものがついています。

でも霜柱ではありません。015.gif

b0306745_18463539.jpg
「ダーンッ」


突然、私の頭の中で分厚いシャッターが閉じました。

もうだめだ、これ以上は遊びではなく、勉強だ!

このシャッターは開かない・・・・・034.gif








[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-12-02 18:57 | わくわくな遊び | Trackback | Comments(0)
b0306745_08534794.jpg
 

私は比較的どんどん捨ててしまう人だが、時々ゴミとなるものに素晴らしい魅力を感じる

時がある。

この写真のものがそう。

インフルエンザにかかった事のある方にはきっと見覚えのあるもの・・・・・

そう、インフルエンザになった時に処方されるリレンザという薬。

昨年は、息子と私、2人ともインフルエンザにかかってしまい、このリレンザという薬を

処方された。

真ん中の丸く穴の空いた部分に、右上に見える銀色のディスクを装着。

カチッとすると、このディスクが自動で回り、薬の入っている部分に穴が空き、

それを吸引するというもの。

熱があってつらかったけど、このリレンザの未来的容姿にわくわくは止まらなかった!

この銀のディスクが回る様が楽しくて、次の薬の時間が待ち遠しかった。

インフルエンザも3日目になるとグンと楽になり、息子と2人、パジャマ姿で、

このリレンザのカッコよさについて語り合う。

「すっごい、格好いいよねぇ~」017.gif

「宇宙っぽいよね!」017.gif

「薬なのにディスクって言い方も格好いいよね~」017.gif

と空になったディスクを装着しては回して遊ぶ。

4日目には完全におもちゃ、家にある人形たちも登場して、宇宙ステーション。

数日後再び病院に行ったとき、先生にリレンザの格好良さを力説。

「あ~そうですかぁ~」と先生もうれしそう。

・・・・・たぶん・・・・・うれしそう・・・・・041.gif

そんな風にゴミとなるものでも、私と息子には、これはすごいねぇ・・・・と宝物のように

思えるものがある。

でもこんな風に共感できるものばかりではない。

大抵は共感しない・・・・・・・046.gif

今、息子が愛おしくしているもの・・・・・それはこれ

b0306745_08533417.jpg

ベランダの手すりに干されている。

「ぼく、これ飼うから捨てないでね・・・・・」といって干してから数日が過ぎた。

朝、洗濯物を干すときに目が合う。

・・・・・・・・

まだいた085.gif

・・・・・・・・

なんだと思います?

11月21日のブログ 「和菓子のような入浴剤」

http://shirotume.exblog.jp/21502484/ で紹介した入浴剤に入れた桜なんです。

お風呂に浮かんでいた時はこんな感じ。


b0306745_08555831.jpg

翌日お風呂を掃除していたら、息子が来て、「ぼく、これ飼う」となった。

もう1週間干されている・・・・・すっかり忘れているに違いない・・・・・

ようするにほったらかし・・・・・・・

私はこの干からびた桜の写真を撮って、机に置いておいた。

息子が学校から帰ってきた。

「ただいま~」

・・・・・・

机に置いてある写真を見ている。

息子  「何これ??????」027.gif

     「なんだこりゃ・・・?・?・?」027.gif

私    ・・・・・・・「桜」・・・・・・

息子、またもや、手をたたいておおうけ。爆笑。サルのおもちゃみたい。

(最近 息子はサルのおもちゃのようによくなる・・・・私と波長が合っているようだ)037.gif

それで・・・・・・・

どうなるの?023.gif

これ?023.gif

・・・・・・・・・

どうにもならなかった・・・・・・

今朝もまた、干からびていく桜と目が合った。

明日はいるかなぁ・・・・・

お正月までいるのかなぁ・・・・・

風が強い日には落ちちゃうのかなぁ・・・・・・

だんだん楽しみになってきた。041.gif






[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-29 12:09 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(1)
b0306745_17272745.jpg



先日、11月24日のブログ、「実験!焚き火に卵を入れるとどうなるのか?」

http://shirotume.exblog.jp/21531625/ の話には続きがあります。

久しぶりの焚き火を楽しんだ私と息子は「今日は楽しかったねぇ~」と大満足。

夕飯の時にも、「やっぱり、夏は川遊び、冬は火遊びだよね~」と会話も弾む。

私 「そういえば、学校のプリント(テスト)今年はどうする~?」023.gif

     ・・・・・・・・・
  
我が家では、年度末の楽しい行事があります。

あまり大きな声では言えませんが 、息子のテストやプリントを燃やします。028.gif

アルミのバケツに電気ドリルで穴を空けた缶の中に入れて庭で燃やすのです。

その話を友人に話したところとてもびっくりされたことがあります。

「えっ見ないで?」005.gif

「うん、見ないなぁ・・・・・」

「えっどんな答えが書いてあるか気にならないの?」005.gif

「うん、気にしたことないなぁ・・・・」

そんな会話でした。

点数が何点か・・・・は気にしたことはなかったけど、目にとまったちょっと面白いテストは

数枚宝物として保管しています。

例えば、先生の手書きのテスト問題。

ちょっと(だいぶ)字がきたなくて読みずらい。

テスト文章の途中に息子から先生へのコメントが書かれていました。027.gif

「先生は、字は丁寧に書きなさいと僕たちには言うけれど、

先生の字は汚くて読みにくいです。先生も丁寧に書いてください。」

そして先生の文字が突き抜けるはずのところで突き抜けていないので

息子が赤で×をつけ、直しを入れているプリント。037.gif

あとは、プリントの横に面白いいたずら書きが書いてあるもの。

例えば、彼の作った漢字の問題。

①口+口=

②山+石=

③間違え直し  全大石をむく。

答え ①回 ②岩 ③全体右をむく

そのような面白いプリントは数枚大事に残しています。

・・・・・・話が少しずれてしまいました。

元に戻ります。

たまってしまうテストやプリントを捨てる・・・・というのにはなんとなく抵抗があるけれど

燃やす・・・・はいい感じ~・・・・・なのは私だけ??????・・・ですか????

プリントは燃やしていたのですが、事情により、引っ越しをして、今は庭のない

アパート暮らし。

さてどうしようという話を息子にした訳です。

すると息子「本当は燃やしたくなかったんだよね~」015.gif

       「あれはぼくの記録だから・・・・・」015.gif

私「へっ?・・・・・・・・・・」005.gif
  
  「・?・?・?・?」005.gif

もうびっくりです。

息子よ、「燃~えろよ 燃えろ~よ~ 炎よ 燃~えろ~」060.gif060.gif060.gif 

と楽しく一緒に歌い燃やしたではないか?

火の回りで一緒に踊ったではないか?

これは息子の本心だろうか?

だとしたら、これは私にはない遺伝子・・・・・・夫のだ!・・・・・・・。034.gif

あ~びっくりした!!!





[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-27 17:46 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
b0306745_09092126.jpg

今日の課題は「風船に携帯を入れる」です!

なんとなんと、携帯をこの赤い風船の中に閉じ込めて見せましょう!
(あっ、今日はWiFi)

こういう時は呪文が大事です。034.gif


b0306745_09094284.jpg

「へんせ~う~ふるい~は~るいは~」060.gif070.gif

「へんせ~う~ふるい~は~るいは~」060.gif071.gif070.gif

イメージはお経のように。そうお経のように腹から声を出してね。

意味?

ハンタイから読んでみて!笑041.gif

携帯の上に風船をのせて、後は気合でこの風船の中に封じ込めるだけ。


b0306745_09100175.jpg
「へんせう~ふるい~は~るいは~」060.gif070.gif

「へんせう~ふるい~は~るいは~」060.gif070.gif

「エイッ」006.gif


b0306745_09101902.jpg
おっ、入った!005.gif038.gif

さすが魔女の子・・・・・・課題、一発合格!

皆さんも忘年会、クリスマス会でどうぞ~。

えっ?種あかし?

いります?044.gif

本当に?

わからなかった?045.gif

そんなあなたに・・・・・はい、裏側037.gif


b0306745_09104839.jpg

コツは大きめの風船を大きく膨らませること、今回は28㎝(11インチ)を使いました。

100円均一で買えます。

それと、携帯は手のひらに収まる小さめのほうがやりやすいです。

子どもの場合は特に。

今回はそんな理由でWiFiです。

041.gif041.gif041.gif

[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-26 21:25 | わくわくな遊び | Trackback | Comments(0)
b0306745_19535210.jpg
  

焚き火・・・・・

焼き芋・・・・・

最初は河原でやろうかと思ったのですが、煙が上がっているのが見えると注意される

ようです。

このあたりの農家の方でも畑では焚き火をしますが、自宅ではしないと聞きました。

なので、焚き火ができる公園に行くことにしました。
  

焚き火、焚き火、さてさてなにを焼きましょう・・・・・

買い出しで、お店の中をぐるりと回りながら、ふと、たまごと目が合いました。

「おっ、たまごって焚き火に入れるとどうなるんだろう?」

爆発・・・・・・・するのかなぁ・・・・・

「わぁお~」もうドキドキが止まらない。

爆発するかもしれないと思いながらも、もう手にはたまごを取っていました!!

車に戻り、車中で待っていた息子にたまごを見せながら声をかけました。

「ねぇねぇ、焚き火にたまご入れるとどうなるかなぁ・・・・・」

息子は手をたたいてうけている。大笑い。まるでサルのおもちゃみたい・・・・

車の中で運転をしながらたまご談議。

電子レンジで爆発する危険なたまごの話・・・・・

ここは頭のいい父さんに電話して聞いてみよう・・・・・

息子が横浜にいる主人に電話。

運転しながらその話を聞いていると、どうも爆発すると思うよという答えらしい。

息子もあんなに乗る気だったのに、父さんに言われて、やめておいたほうがいいと思うよ

と言いだしました!

あぁ~そんなぁ・・・・・私はやりたいのだ!

そうだ!こういうときは頭のいい人に聞いてみよう!と友人の学者に電話してみました。

友人は何やら科学的言葉を並べて私に話をしましたが私の耳には素通り・・・・・

残った言葉は、「爆発するかもしれないなぁ・・・・・」

やりたい・・・・やりたい・・・・・・

そうこうしているうちに公園についてしまいました。

ここでは、お芋を買って焚き火をするか、持ち込みの場合は場所代300円を払うという

システム。

お金を払いながら、たまごの話をしてみました。

たまごを焼いた人はいないという。

管理の方も興味津々。

なんと、やってみてもいいとおっしゃるではないですか!

もう大喜びでたまごの準備。


b0306745_19545654.jpg

たまごは新聞紙に包み水にくぐらせてからアルミホイルで包みます。

焼き芋のやり方と一緒。


b0306745_19550836.jpg
 いざ!焚き火の中へ!4つ入れてみます。時間差で出す作戦。

同じやり方で、もちろん、サツマイモやじゃがいも、ウィンナーなども投入。


b0306745_19540962.jpg

息子はもうたまごのことは忘れてしまったのか?

火守で真剣。

爆発するかもしれないってことは完全に忘れている様子。

あんまり真剣なので、たまごは焼けるか爆発か!という即興の変な踊りで火の回りを

踊りながら息子を誘ってみました。

あっという間に乗ってきました。

二人で火の回りを踊る・・・・きっと変な親子だと思われたな・・・・・

踊らにゃ損、損♪♪

b0306745_19543058.jpg


30分で一つめのたまごを出す予定が火遊びに夢中で50分経過!

大変だ!

たまごを救出せよ!たまごを救出せよ!息子と大笑いでたまごの救出。


b0306745_19553500.jpg
アルミホイルをはがしてみると、乾いた新聞紙が出てきました。


b0306745_19555504.jpg
新聞紙の中は・・・・・・

おっ、いけてる感じ・・・・・

少しヒビが入っている・・・・・・

開けてみよう・・・・・・


b0306745_19561520.jpg


おぉ~、できた~、爆発しませんでした~!

管理の方も公園のブログに載せる為写真に撮っていました。

はっはっはっは・・・・・

もう今日は楽しかった・・・・

・・・・・・気がつけば周りの家族連れの方たちはみんなお帰りになられ・・・・・

なぜ?なぜ?

どうしてそんなにいさぎよく帰れるの?

私と息子は後ろ髪をひかれる思いで焚き火を終わらせました。

本日終了・・・・・・

今日の焚き火はできる公園は山梨県北杜市の水の公園べるがです。

雪が降るまでは焚き火はできるそうです。

焚き火で焼き芋についてはべるがホームページをご覧ください。





[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-24 21:29 | わくわくな遊び | Trackback | Comments(2)

冬支度 「かりん飴」

b0306745_09360656.jpg

まだ、すがすがしさを感じる冬の始まりです。

氷点下の朝、凍った畑や葉っぱをながめながらスロージョギングをしていると

向こうのほうに自転車に乗ったおじいさんが見えます。

冬の景色を確かめるように時々自転車を止めているようですが、もくもくと

白い息が立っています。

「わぁ~、大きな息だなぁ~・・・・」と見とれてしまう。

すれ違う時、おじいさんが「おはようございます!」と元気に挨拶をしてくれました。

その一言だけだったけど、この方の人生を感じてしまいました。

朝礼の時の校長先生のようなあいさつ。

きちんと、はっきりとした大きな声。

きっと、昔、学校の先生だったのかなぁ・・・・

会社の社長さんだったのかなぁ・・・・と。

「おはようございます」のたった一言でその方の生きてきた人生を思うものなのですね。

はて?私は普段どんな挨拶をして、どんな印象を人に与えているのだろう?

そう思ったら、心をこめて挨拶をしたいなぁと思いました。

さてさて、今日は農協でかりんをみつけました。大きいの2つで100円。

のどにいいというかりん飴を作ることにします。



b0306745_09413395.jpg

かりんはとてもとても固い実。

かぼちゃより固い・・・・と感じます。

だから切るのはとても怖いのです。

私は、かりんを湯銭して少し実を柔らかくしてから切ることにします。

5分程ころころとしてから輪切りにします。

普通はたて切りだと思いますがここも怖いので横切りに。


b0306745_09535272.jpg


かりんには実の半分弱の量のお砂糖をまぶして置いておきます。

皮と種、わたの部分は別鍋でひたひたの水を足してしばらく煮ます。

この種やわたの部分にのどにいい成分がたくさんあると聞いたことがあります。

しばらくすると、ゆるい糊のようにトロトロしてきます。

その頃にはかりんの実からも水分がたくさん出てきてます。

皮と種とわたを煮たものをこして、水分だけを実の鍋に移します。

あとは実がひたひたになる程度に水を調節して煮ていきます。
b0306745_10004119.jpg

泡ぶくのようなアクがたくさん出てきますので丁寧に何度も取っていきます。

写真の鍋は水が減ってきていますが、そうしたらまた水を足してアクを取って・・・を

繰り返してきます。このアクをしっかりと取らないと渋くなってしまいますのでせっせと

愛情を込めてがんばります。

煮ているうちに段々と実の色がきれいなルビー色になっていきます。

ルビー色になったら、こして、瓶に詰めます。

(私はジャムの時のように瓶ごと20分位煮沸しています。)


b0306745_10072874.jpg

できました。

風邪の時に舐めようと思っていたのに・・・・・・・

「うまい・・・うまい・・・」

冷蔵庫を開ける度に舐めている人発見!

ヨーグルトにかけている人発見!

クラッカーにつけて食べている人発見!




b0306745_10093298.jpg

そんな感じで大人気なかりん飴・・・・喜んでもらえてなによりです。

ひと冬分の予定のかりん飴は、今月いっぱいでなくなりそう・・・・・

そんな訳で、母さんは今日も農協へお買いもの。

かりん・・・・くださいな~。


b0306745_10225424.jpg






[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-22 10:33 | レシピ | Trackback | Comments(2)

和菓子のような入浴剤

b0306745_17333168.jpg

こうして盛り付けると、ちょっとおいしそうな和菓子みたいですね。

これ、入浴剤です。

今朝、私の住んでいる山梨県南アルプス市の朝は氷点下になりました。

朝はスロージョギングをしているのですが、畑も、葉っぱも真っ白に凍っていました。

吐く息も白く、空気は凛として向こうに見える富士山も雪で真っ白です。

柿の木がどれもハラハラと葉を落としていきます。

柿の木がみんなで今日にしようと打ち合わせをしたかのように・・・・・

こんな光景に初めて出会いました。

ハラハラと涙を流すように順番に葉っぱが落ちていきます。

カサっと静かな音をたてながら・・・・・・。

きっと今日中に葉はみんな落ちてしまうのだろうな・・・・・

その静かな柿の姿にしばらく見とれていました。

「冬が来たよ」「冬が来たよ」と柿の声が聞こえてくるようでした。

私は、寒い夜の暖かいお風呂の為に入浴剤を作ることにしました。

材料はとてもシンプル。

重層 ・クエン酸 ・アロマオイル ・桜の塩漬け

使う道具はボールと製氷皿と霧吹き

重層もクエン酸も100円均一で売っています。食べる訳ではないので

お掃除用で十分だと思います。


b0306745_17490398.jpg

重層2 : クエン酸1の割合でボールに入れて混ぜます。

霧吹きで水をシュッシュとかけながら混ぜ合わせていきます。

水はいっぺんに加えるとシュワシュワしてしまうので霧吹きがいいと思います。

お水の中にゆずの果汁や、アロマを数滴入れておくと香りを楽しめます。

といってもそれほど水分を加える訳ではないので作る時にほのかな香りを

楽しむ程度です。でも作業がずっと楽しくなります。

さらさらとした粉が少し水分の多いお砂糖のような状態になるまで数回霧吹きを

かけては混ぜていきます。

ギュッと握って軽く固まりになるぐらいになればOKです。

思っているよりも少し水分は少なめにしておくとよいと思います。

製氷皿の底に桜を並べて置き、その上に混ぜ合わせた粉を詰めていきます。

ぎゅっぎゅと指で押さえながら・・・・。

しばらく他のことをしていると、表面が固まってくるのが触って分かると思います。

もしできるなら、数時間このままのほうがよく乾燥して取り出しやすいと思います。

乾燥したら製氷皿を逆さまにして、コンコンっとテーブルにたたくようにすると

ストンと出てきます。

あとはラップに包んで保存してください。


b0306745_18111640.jpg


アロマオイルですが、香りが飛んでしまうともったいないので、私はお風呂に入る前に

このキューブの上に2~3滴たらしてからお風呂に入れます。

プレゼントする場合は、キューブにした状態のものに2~3滴たらしてから

ラッピングしてください。


今日は無印のウィンターホレストというブレンドされたオイルを使いました。

お疲れ様の旦那様のお風呂に入れてあげたいですね。


今日のお風呂・・・・・私は2番風呂です。

お風呂のフタを開けると、

「あっ・・・・・・」

かわいらしい桜の花がひとつ浮いていました。


ちょっとうれしくなりました。


b0306745_22315947.jpg

この桜を摘んだ春の事が思い出されます。

楽しかったなぁ・・・・桜摘み・・・・・

来年もいっぱい摘もう・・・・・・





[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-21 05:59 | 作る | Trackback | Comments(2)

ちょいとリメイク家具

b0306745_21214555.jpg
 
横浜キッチンより

鳩時計下の白い家具、ちょいとリメイク家具です。029.gif

上の段が白い戸棚、下の段が籐のかごになっていますが、

実は上も下も全く同じ戸棚でした。

元々は他の部屋の天井に取り付けていたつり戸棚なんです。012.gif

これを外すのは重たくて大変でした~。

外した2つのつり戸棚を重ねて後ろ側は、ずれないように留め金で留めてあります。

こちら下の段のアップ。




b0306745_21295058.jpg

キャスター付きの板の上に籐のかごをのせているのですが・・・・・・・

この板の部分は上の段でいうところの扉の部分でした。

扉を外して、板として使い、キャスターと取っ手を付けました。023.gif


b0306745_21320343.jpg

・・・・・こんな感じ。

丸く穴のあいている部分はかつて扉だった時の留め金のあった場所。

裏側ですから、気にならないです。


b0306745_21314612.jpg


サイドの穴たちは、つり戸棚だった時の痕跡・・・・・

籐のかごは、4つちょうどいいサイズを見つけて買いました。

新しい家具を買うまでの間、これを使おうと思っていたのですが

使い勝手がよくて、結局10年以上使っています。笑041.gif





[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-20 06:00 | アイディア | Trackback | Comments(0)
b0306745_09134956.jpg

今日はおいなりさんを作ろう・・・・・そう思っていました。

玄米を精米して、圧力なべで、しゅしゅしゅしゅっ・・・・012.gif

つやつやの酢飯を作ろうと思ったら、「が~ん」008.gif

お酢がない・・・・・・・

でももう炊けちゃうよ・・・・・

なんとかしなくちゃ・・・・・ええっ~と・・・・・・あっゆず!!005.gif

そうね、ゆずで代用したらおいしそうだっ!

・・・・・・と、作ってみたら、おいし~いの、すご~くおいし~い。012.gif

はまってしまい、あれから何度作ったことでしょう・・・笑。

材料
 
米    2合

ゆず  大きさはみかんMサイズ位 1個(ゆず果汁にして大さじ1+小さじ1)

塩   小さじ1.5

砂糖  大さじ1


b0306745_10024860.jpg

ゆずMサイズの皮をむく。

ゆずの皮は細かく刻む。

実のほうは果汁を搾っておく。(必要な果汁の量 大さじ1+小さじ1)




b0306745_10080626.jpg

ゆず果汁、塩、砂糖を混ぜておく。

あとは炊き立てのご飯にかけて、ゆずの皮と一緒に混ぜるだけです。

冷めたほうが味が落ち付いて私はおいしく感じます。

おにぎりにしておくとおいしいです。

旦那様のお酒の後に出してみてくださいね。012.gif

それから、しらすをのせて・・・・

しらすだけ・・・・・ お醤油、かけないで召し上がれ。 

これは絶対やってみてください、しらすゆずご飯・・・・・


b0306745_10173690.jpg

ゆずの香りって素敵・・・・

ゆずのおかげで幸せな食卓です。043.gif




[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-19 10:30 | レシピ | Trackback | Comments(2)

ブログの改名

昨日は日曜日、息子のお友達R君がウチに遊びにきました。

魅力的な男の子です。

R君と私が一緒に時間を過ごすのはほぼ初めて。

お昼近くになり「ご飯の時間は何時にしようか~?」と子供たちに声をかけると

R君はとてもストレートに

「12時半、いや、やっぱり12時15分だなっ」と答えてくれました。

そのスパッとした答えは、とても気持ちがよくて、堂々と感じました。

おしゃべりをしていても年齢差がなく、人として楽しさを感じました。

きっと、しっかりとした健康で丈夫な根を持っているんだろうな・・・・

とR君の大地を思いました。

夕方、R君のお母さんMさんが車でお迎えにみえ、Mさんともほぼ初めてのおしゃべり。


・・・・なるほど・・・・・


R君はMさんととてもよく似ている・・・・

Mさんは女性としての強さとたくましさ、魅力を持った、カッコよくて素敵な方でした。

こどもは親の背中を見て育っているのですね。


Mさんのようにカッコよくはなれないけれど、私も自分らしくいきたいなと思い、

ブログ名を改め Style「を」にします。

「を」は自分の名前の1字です。


これからもよろしくお願いします。


[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-18 12:07 | あいさつ | Trackback | Comments(0)
b0306745_13465042.jpg

これはとってもお勧めです。

天使の胴体の部分は子供の足形で、羽の部分は手形で型を取りました。

その年ごとに作ったので子供の成長記録にもなっています。

クリスマスツリーに飾る時は、小さかった時のかわいい時を思い出して・・・・

少しずつ大きく成長している手形、足形の天使に見とれています。

なぜ、この天使が9歳の現在まで増え続けていかなかったかというと、

成長して手形足形が大きくなってくると天使もなんだかリアルに足、手が

「でっか~」という感じで、クリスマスツリーに飾っていてもなんだか

かわいらしくなくなってきたからです。笑


b0306745_13372040.jpg

そうでした、ここで10月23日の記事「秘密なの、でも言いたいの。」の中で

写真に写っていたクリスマスツリーの謎についてお話しておきましょう・・・。

http://shirotume.exblog.jp/21333688/  (10月23日の記事)

なぜ10月23日にクリスマスツリー?


我が家は今、平日は横浜に主人が、山梨に私と息子が暮らし、週末に家族が

集まるというスタイルです。

10月23日は息子の学校の秋休みで1週間ほど横浜にいた訳ですが、

この次に横浜に来るのはクリスマスの頃だろうなぁ・・・と予測しました。

横浜に来た時、家の中に入るとリビングに干されている主人の洗濯物。

パンツと靴下ばかりがシワクチャにさみしげに干されています・・・・。

こんな中で一人でお酒を飲みながら食事をしている主人・・・・。

少しでも明るい雰囲気をと思ってだいぶ早めではありましたが

思い切って飾っていったという訳でした。


b0306745_13420500.jpg

こちらは玄関です。







[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-17 13:54 | アイディア | Trackback | Comments(0)

ベッドになる変形家具

b0306745_10161711.jpg


横浜からの出題です。

この中にベッドに変形するものがあります。どれだと思いますか?

どれも怪しく見えますね、笑。004.gif

正解はこちら・・・・・

右のオットマンです。

中を開けてみましょう・・・・・・005.gif



b0306745_10204152.jpg

こんな感じ。

第2段階へ進む・・・・・


b0306745_10215247.jpg

手前に軽く引っ張るとベッドが上がってきます。

第3段階へ進む・・・・・・・



b0306745_10235003.jpg

ちょっと方向的に狭かったので向きを変えましたが、こんな感じ。

第4段階へ進む・・・・・・・


b0306745_10253416.jpg

これを購入したのはもう10年近く前。

アメリカの友人宅のソファーがこのような形でベッドに変形するのを見て心が躍り、日本でもないかとずっと探していました。

当時はこのような形でベッドに変形するタイプは珍しかったので、衝動買いしてしまいました。

必要だったのか?言われたら、エキストラベッドとして使用したことはないのですが、このマジックのような変化に心を奪われてしまったのです。笑079.gif

でもオットマンとしては活躍してくれています。

「私の本当の力を見せたい!! 」017.gif
そう、オットマンが訴えているようで紹介しました、笑。041.gif




[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-16 10:40 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
b0306745_16291876.jpg

柿の季節ですね。

私の住んでいる山梨県南アルプス市は今、あちらもこちらも柿がたわわです。

この時期の我が家のお茶時間は、

豆乳甘酒と

「柿とクリームチーズのクラッカー」がよく出てきます。

簡単でおいしいおやつ。

ぜひこの時期に。

柿はやわらかめのトロッと気味をお勧めします。

クラッカーにクリームチーズとやわらかめの柿をのせるだけ。

今日はキリのクリームチーズを使いました。

柿はまだトロッとにはおよばず・・・・。

トロッとする前に食べ終わってしまい、また買ってくるという繰り返し。笑037.gif

豆乳甘酒は甘酒のもとをお湯ではなく豆乳で割るだけです。

コクまろ。

おやつをいただきながら今日の話題は記事 「クリスマスリースを作ろうか」の中で使ったアクリルスプレーについて。

とにかくいろんなものにスプレーしたくなる気持ちを押さえて・・・・


「どろだんごにスプレーして、それを水の中に入れるとどうなるのか?」034.gif


この実験に決まりました。


週末は泥団子にふさわしい土を探しに・・・・。027.gif

息子が言うには、学校の畑の土がいいらしい・・・・・


楽しみだなぁ・・・・と思いながら、ぽかぽかカーペットの上でゴロンとしてしまい、あぁ~もうこんな時間。

息子のゲーム音で目が覚めました。

「母さんはお気楽だね」 026.gif   










[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-15 09:32 | レシピ | Trackback | Comments(0)
b0306745_09290546.jpg


クリスマスリースを作ろう「その1」 


ではどんぐりと松ぼっくりの煮沸まで紹介しました。

今日はその続きです。


b0306745_09265717.jpg


どんぐりと松ぼっくりをしっかり乾燥させたら工作です。

工作日は夕食もお風呂も片付けも早い早い。

楽しみがあるとテキパキと動けるものですね~。

お互い多少脱線しても「あっそうだそうだ、工作工作!」と見事な軌道修正をみせます!043.gif

土台は段ボールにしました。

スーパーの空き箱コーナーから持ってきて丸く切り抜きました。

強度と見た目を考え、2枚重ね。(箱の印刷面を内側に貼り合わせ)


後は思いのまま木工用ボンドで貼り付けていきます。

私は全体のイメージをのせてから貼り付けに、息子はひとつずつ進めます。


息子は途中からグルーガンに・・・・。

こちらのほうがすぐに固定されるので子供にはやりやすいようですね。

私は仕上がりと強度面で木工用ボンドのまま・・・・。

b0306745_09281166.jpg
仕上げです。

息子はシルバー、私はクリアーのアクリルスプレーを塗りました。018.gif

アクリルスプレーは100円均一で買いました。



b0306745_09290546.jpg


b0306745_09301973.jpg


息子のは宇宙ステーション「木の実」と名づけました。027.gif

真ん中にろうそくを立て、テーブルの真ん中に置きたいと思います。

工作意欲がおさまらず、ついでにマカロニリースも作ります。

段ボールの台紙にマカロニを貼り付けていきます。



b0306745_09415563.jpg



こちらも乾かしてスプレー塗料を塗りました。

こちらは人工衛星「マーカーローニ」。027.gif



b0306745_09332430.jpg

あぁ~楽しかった・・・・038.gif


・・・・・今シーズン、もう一回どんぐり拾いから始まりそうな気がします。041.gif

034.gif
追記・・・・・壁掛け用に、段ボールの溝にそって針金を通します。











[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-14 09:46 | 作る | Trackback | Comments(0)
b0306745_09244652.jpg

私 「どんぐりと松ぼっくりでクリスマスリースを作ろうかなぁ~。」

息子「いいねぇ・・・」
  「うんっ!そうしよう!そうしよう!」

雨が降り出しそうな曇り空ですが、公園までやってきました。

あるある、いっぱい!003.gif

なるべくきれいそうな松ぼっくりとどんぐりを集めます。

くぬぎのどんぐりもありました。

まん丸でかわいらしい形・・・・

どんぐり拾いってなんだかうれしくなる・・・・・012.gif

b0306745_09264654.jpg

帰ってきたら洗って松ぼっくりとどんぐりを煮ます。

これで虫も出てきません。安心して遊んだり工作できます。

沸騰した鍋に入れて弱火で2分位。

強火だとどんぐりが割れちゃうよ。028.gif

b0306745_09274487.jpg



b0306745_09282867.jpg
家の中が松のいい匂いとどんぐりの微妙な匂いでいっぱいに・・・・。

どんぐりの匂いってなんだろう・・・・

食べたことないけど、クレヨンを食べた感じ・・・・。033.gif


お湯の中に入れると松ぼっくりはみるみる閉じていきます。005.gif

後は2~3日乾かします。

松ぼっくりはベランダでおひさまの下。

どんぐりは割れちゃうから、お家の中で干します。

さて・・・・
乾くのを楽しみに待ちましょう・・・・029.gif

クリスマスリースを作ろうか「その②」へ続く・・・・・















[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-12 09:36 | 作る | Trackback | Comments(0)
b0306745_12500343.jpg
くるみとレーズンに、シナモンの香りがうれしいノンオイルなパンです。

もちもち、しっとり、ノンオイルだとは感じません!

おやつに朝食にいかがですか?

作り方はとっても簡単です。

材料 

強力粉  250g

塩     小さじ1

砂糖    大さじ2

豆乳    200cc

イースト   3g

シナモン  適量 4~5振り

干しブドウ 50g

くるみ    25g


材料をホームベーカリーに入れて後は焼き上がりを待つだけです。笑

干しブドウ、くるみは生地がある程度混ざってきたら投入します。


今日は食パン型ではなく丸めて焼くことにしました。

第2発酵前に取り出して丸め、カットを入れてみました。


b0306745_13084429.jpg
このほうが保存しやすく食べやすいので丸めることのほうが多いかな・・・・。

シナモンはたっぷり4~5振り位入れています。

ぜひお試しください。

きっと気に入っていただけると思います。

b0306745_13223700.jpg


















[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-09 07:38 | レシピ | Trackback | Comments(2)
b0306745_710685.jpg

こちら山梨から・・・・。

息子の部屋の模様替えをしました。

アパートなので部屋の広さを活かそうと以前は壁側にぴったりと机をつけて置いていました。

この写真で見える白い壁にぴったりと・・・・・。

なんで写真を撮っておかなかったんだろう・・・015.gif

そう・・・・・、やるぞ~と決めたら、写真どころじゃない、一刻も早く、イメージの配置に動かしたくなってしまうのです。

机と言っても、キャスター付きの引き出し2つの上に大きめの板をのせているだけなんですけどね。

横浜の息子の部屋のベッド付きシステムデスクからこの引き出し2つを持ってきて板だけこちら山梨のホームセンターで買いました。

なので、壁につけていた時は、L字型ではなく、I型、一直線にして置いてありました。

椅子に座ると壁を見る感じで。

それを部屋の入り口に向かって机の位置を変えました。

夫の部屋の机はこのように入り口に向かって机を置いているのですが、息子も一人前になってきたので、「男の部屋」にしました。004.gif

男は敵に背中を見せない!、入ってきた相手とは堂々と正面から会うという意味で男の部屋。037.gif

風水は知らないし、そんなの本当かどうかも知らないんですけど、私の勝手な思い込み。037.gif

だってテレビで見る社長の部屋ってみんなそんな風でしょう・・・?034.gif

それに動物の世界でも敵に背中を見せないですよね?034.gif

実際に座り比べてみると、壁を向いて何かをするよりも、入り口を正面に向かって座ったほうがず~~~~と気分がいいのです。

驚くほどの気分の違い。005.gif

この感覚の違いが毎日積み重なったらなんか違うかも・・・・と思うのです。

同じ花だけど、太陽をいっぱい浴びた花と日陰の花みたいな・・・。


息子も明らかに気分がいい様子。

あんまり自分の部屋では過ごさなかったのに、この頃は机に向って何かしています。

あっゲームの攻略本・・・読んでいるのね・・・・・037.gif
[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-08 10:26 | 日々の暮らし
b0306745_20534579.jpg
とっても簡単ですが、ちょっと豪華な気分になります。

しょうがの香りがそんな気分にさせるのかしら・・・・。012.gif

この器、十何年前、友人の結婚式の引き出物でいただいたもの。

とても気に入って大事に使っています。

お料理を盛り付ける度、彼女のことを思い出します。

勤め先で捨て犬6匹を拾って一緒に世話したこと・・・・

遠く離れていた時には手紙のやり取りをしていたこと・・・・・

あれっ返事がこないなぁ~と思っていると、ノート丸1冊の手紙が送られてきたこと・・・・・・005.gif

楽しい時も大変な時も一緒でした・・・・・

もうしばらく会っていないけど、元気かな?


作り方



たまには主婦っぽい投稿です。

クックパッドのほうへも載せています。


 追記034.gif
  
しょうがご飯はできたては味が足りないような気がするかもしれませんが冷めると味が落ち付きます。

おにぎりにしておくとおいしいです。













[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-07 10:41 | レシピ | Trackback | Comments(2)
b0306745_61058100.jpg


バターや小麦粉も使わなくてもできるんです。

さっぱりしているけどコクもとろみもあります。

コクのポイントはえのきです。

オイルが体に吸収されやすい私は健康面でなるべくオイルを取らないようにしています。

でも、シチューも食べたくて、こんな風に作ってみました。

材料は4人分です。



野菜はあるものでいいと思います。

大きめカットがおいしいです。

えのきがとろみとコクを出すのでこちらは省かないでくださいね。驚くほどコクが出るんですよ。

私は昆布でダシを取りましたが、物足りない方はエビやタラもいいかもしれません。

圧力なべを使うのは野菜の甘さがよく出て、それがポイントになります。
[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-06 10:37 | レシピ | Trackback | Comments(0)

ホッケース作る

b0306745_6582689.jpg

ホッケじゃないよ、ホッケースだよ。

ホッケース作ってみました。

こんなのです。

ファスナーを開いたところ。

ある日、ネットで面白いな~と見つけたホッケース。

「わぁ~これ欲しい!」

購入ボタンを「ポチッ」としそうになって、やめたのです。

金額2500円弱。

ん~、私には痛い・・・・

・・・・

よく見るとなんだか自分で作れそう・・・・

という訳で作ってみました。

まずはスーパーに行っておいしそうできれいなホッケを探します。

簡単そうでなかなかきれいなホッケさんに出会えず見送る数日。

そして、いたいた、きれいなホッケさん・・・・

少しピンクっぽくてなかなかの美人です~。


b0306745_6585461.jpg
b0306745_6592873.jpg




















家に帰ってパックから出して、写真撮影会。

「いい表情~、きれい~」とホッケさん相手にカメラマン気どり。

裏と表の写真を撮り終わったら、アイロンプリント用紙に印刷。

印刷したものを白い布にアイロンして装着。

表面と裏面をミシンで縫い合わせてみました。

わぁ~、ほっけさん、いい感じです。

なんだか気に入っちゃって、このままマウスパッドでしばらく使ってみました。

b0306745_701100.jpg

そして飽きてしまい・・・・・しばらく放置。

そしてやっとファスナーを付けてみました。

出来上がり。

こちらファスナーを閉じたところ。

b0306745_704051.jpg

ほっけさん気に入って、アイロンプリントも端のほうがあまったので名札を作りました。

息子のTシャツの背中に貼ってみました。

渋くて素敵。

b0306745_704544.jpg


ほっけは制作後、おいしくいただきました。

ごちそうさまでした!

[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-05 10:50 | 作る | Trackback | Comments(0)

あれから7年が経ち現在

b0306745_1039185.jpg

これは息子が2歳頃の写真。 

お昼寝中の息子の足。
靴下の穴・・・・・037.gif

そんなときはやっぱり母さんの出番・・・・

マジックでいたずら書き・・・

あれから7年が経ち・・・・そして昨日のこと。

b0306745_10555156.jpg


これは私の足です。015.gif

この写真の中にかくされた秘密・・・・・ゲラゲラ037.gif

もうこのくだりから・・・・・おわかりですよね。

見つかりましたか?023.gif

母さんは夜ご飯の片づけも終わって「眠~い」とゴロンとしたところ。

足元で夫が息子にささやいている。

夫「ほらほら・・・母さんの足・・・・やっちゃいな・・・・」

私「ん?やっちゃいな?・・・・?」

息子「うん!(ニコリ)」

b0306745_10572194.jpg


穴あきカモフラージュ、ありがとう。

おっ、いい感じ?

あらっ・・・
こんにちは・・・黒まる●さん・・・・003.gif

そしてさようなら・・・・靴下さん・・・・004.gif

b0306745_10582230.jpg

[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-04 10:59 | わくわくな遊び | Trackback | Comments(0)
b0306745_7203152.jpg

今日はついに卒業課題「空を飛ぶ!!!!!!」

「飛っ飛っ飛っ飛んだ~~~~~~~~~~~」

005.gif005.gif005.gif

ちょっと、体に力が入って変な体勢だけど、
d
「飛んだ~~~~」003.gif

「よくやった!卒業課題クリア!おめでとう!」

もう少し自然に飛べる様になるには修行してください。

・・・・・よく写っている・・・・・037.gif

種明かし 裏側の様子です。わははははは。


b0306745_7223612.jpg

[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-02 07:24 | わくわくな遊び | Trackback | Comments(0)
b0306745_10251492.jpg

今日は魔女の授業2時間目です。

昨日は銀の玉を浮かせました。

今日はみかんを浮かせてみましょう。005.gif

b0306745_10262121.jpg

アップにしてみましょうね。

b0306745_10274519.jpg

わかったかな?

種明かし、親指をみかんにさしています!あはははは037.gif

b0306745_10284978.jpg

明日で魔女の授業は終了、卒業課題、空を飛びますよ!005.gif

お楽しみに。

子供会などにお役立てくださいませ。

・・・・えっ・・・・・005.gif

そうかぁ~これ、バザーや子供会で使えないかな?

・・・・・ふと思う・・・・・


子供会でおやつでみかんを出すとき、この看板と一緒にみかんを並べて置きたいなぁ~。012.gif

b0306745_10343279.jpg

どう?面白そう!




[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-11-01 10:44 | わくわくな遊び | Trackback | Comments(0)
b0306745_543185.jpg


ハンドパワーです。銀の玉が浮いています。
実によく写っている、笑。003.gif003.gif
魔女の授業の様子です。


息子の学校が1週間の中休みで先週横浜へ帰っていました。

横浜へ帰ってくるとこちらのお友達、K君に会うのを楽しみにしている息子。

といってもK君には学校があるので、学校が終わってからウチに遊びに来ます。

下校時、校門のところまで息子は迎えに行き、楽しそうなしゃべり声と共に2人で帰って来ます。

「ただいま~」

「おじゃましま~す」

一緒に遊んで、夕飯を食べてお風呂に入って帰る数日。

私はこういう子どもたちの時間のかたわらで家の事をしているのが大好きです。

K君が言いました。
「Mさ~ん(私の名前)、手品を教えて欲しいんだけど~」

話を聞くと学校で手品係になったとか・・・・。

息子が幼稚園の時、お母さんたちが行うお話し会の中で私はへんてこな手品をしていました。

私の事を

「ねぇ、魔女なんでしょう?」

「魔女だ、魔女だ!」という子もいて、

当時、息子は「いいなぁ~魔女の子で」と言われるのがうれしかったそうです。笑037.gif

そんな事があって、K君は私に聞いてきたのです。

どこの家にもあるもので、簡単にできる手品をいつくかK君に伝授しました。

これは、忘年会ネタかも?

よかったら、皆さんもご家庭で、会社で、お楽しみください。

タネあかし~034.gif、横から見たところ。

実はキッチン用品のお玉を脇にはさんでいたんです、笑。037.gif

b0306745_545513.jpg


034.gifコツ034.gif

脇に挟むとき、固定しにくい場合は先っぽにタオルなどを巻くと脇が安定しやすいです。

子供はその方がきれいに決まります。


魔女の授業その②は明日に続く・・・・・。023.gif
[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-10-31 11:20 | わくわくな遊び | Trackback | Comments(0)
b0306745_18445487.jpg


10月3日の「ペットボトルで修理?」の日記の中で我が家で流行っている遊びを紹介しました。

http://shirotume.exblog.jp/21199415/

今日はスーパーで、つるべ師匠のペットボトルが目に入ってきました。

「あっ」・・・005.gif

「つるべ師匠」・・・・

「つるべ師匠にドライヤーを当てるとどうなるんだろう・・・・?」

「買おう、買おう!」003.gif

「実験、実験!」003.gif

という訳で今日の実験です。

化粧水のボトルにつるべ師匠のラベルを通してドライヤーに当ててみました。

「ゴ~ゴ~」

縮まれ縮まれとドライヤーを当てすぎて穴の空いてしまったところもありますが、こんな感じになりました。

「な~んだ」015.gif

わくわく感はあっけなく終わってしまいました~。

ただの小さいつるべ師匠になっただけ笑。

皆さんにもこのあっけなさ、おすそわけでーす。037.gif

b0306745_18475712.jpg

[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-10-30 18:49 | わくわくな遊び | Trackback | Comments(0)

お茶のリメイク

b0306745_1775063.jpg

御葬式などでいただいてきたお茶、ありませんか?

そのお茶をリメイクして美味しくいただきます。

フライパンにクッキングシートを敷き、そのうえにお茶を入れます。

b0306745_1783529.jpg

後は弱火で、かき混ぜながらゆっくりゆっくりと煎じていきます。

しばらくすると、部屋中に香ばしいお茶の香りが広がります。

お茶屋さんの前を通った時に薫るあのお茶の香りで家中が満たされます。
なんていい香りなんでしょう・・・・。

リラックスできるのに、何か背筋がピンと伸びるような、凛とした香り。

これが日本の文化なのでしょうか。

後はしっかりと冷めるまでそのまま置き、冷めてから容器に入れます。

自家製ほうじ茶の出来上がりです。

b0306745_179767.jpg

「ただいま~、なんかお茶のいいにおいがするねぇ~」
ちょうど息子が元気に帰ってきました。

二人でできたてのほうじ茶をいただきます。
息子はチョコパイと一緒に・・・・。

どうぞ、皆様もほっこりした時間をお試しください。

b0306745_1795483.jpg

我が家では長い間、気に入って飲んでいるお茶があります。

そのお茶との出会いはもう20年以上前のことです。

友人の家に遊びに行ったとき、そのお家のお母さんが入れてくださったお茶が
とてもおいしくて驚いたことがあります。

おばさんは帰りにその茶を持たせてくれました。

それからは自分でも取り寄せるようになりました。

福岡県の八女茶で牛島製茶さんのお茶です。
今は「やすらぎ」という御茶をいただいています。

おばさん・・・・・、元気かな?

あの時はおいしいお茶をごちそうさまでした。
[PR]
# by keseraserawahaha | 2013-10-29 17:12 | アイディア | Trackback | Comments(0)