毎日を楽しく自分らしく


by keserasera
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:日々の暮らし( 17 )

木に思うこと その②

b0306745_08043609.jpg
12月20日のブログ「木に思うことその①」の続きになります。


こちら、山梨県南アルプス市の朝、8時の様子。

朝のスロージョギングも寒さに負け、夏に比べてスタートが2時間半も遅れています。

でもまぁいいか、この週末から息子も冬休み。

早くもお正月気分でのんびりとしています。

b0306745_08124010.jpg
今朝の霜柱は一段とりっぱ。10㎝位かな。えのきだけみたい。

b0306745_08135098.jpg
柿の葉っぱ、凍っています。

かがんで遊んでいると、通りすがりのお散歩のおじさんに声をかけられました。

おじさん  「何かありましたか?」

私     「葉っぱが凍っていてきれいです」

おじさん  「あはははは・・・そうですか」っと通り過ぎていきました。

おじさんにとっては長年の当たり前の風景なのかな・・・・。

b0306745_08183556.jpg
水たまりの氷も大きいなぁ・・・・厚さは5ミリ位かな。

一番大きなかけらを取るのに必死で不格好な私の背後から声をかけられました。

犬連れのおじさん  「なんですか?」

私           「いえっ、氷、大きいの取りたいんです。」

犬連れのおじさん  「あはははは・・・そうですか」と言って行ってしまいました。

やっぱり長年の見慣れた風景なんでしょうね。

あぁ~小学生、通らないかなぁ・・・・・・・笑003.gif

b0306745_08270676.jpg
こちらは柿の木。

柿の木って、とっても地味なイメージ。柿の木を見ていると自分と重なります、笑。015.gif

葉っぱでワサワサしている夏の時期は荒れた感じ。

木肌も荒く、美人な木ではありません。

ここへ引っ越してきて1年が経った頃、そういえば柿の花の記憶がない事に気が付きました。

今年はどんな花なのか絶対に見たいと思っていました。

そして、これが柿の花。

色は薄黄緑がかった白。

小さくてあまりの地味さにびっくりしました。005.gif

b0306745_19202260.jpg
白い花の部分を囲うようにある4つの葉っぱのようなところがよく見る柿の実のへたの部分です。

b0306745_19225782.jpg
こちらは割と若い柿の木。

若いのでそれなりに美しいです。

でも渋柿のこの木は鮮やかな実をつけながらも鳥や動物に食べられることもなく一生懸命に「私を見てっ!」とばかりに輝いています。

毎日、線香花火みたいできれいだなぁと思うのですが、誰にも食べられない柿の木にさみしさも感じます。

木の実は動物に食べられ、その種を運んでもらい種の保存を成し遂げます。

では、なぜ渋柿は渋いのでしょう?

動物に運んでもらえないじゃない?そんな疑問がわきました。

息子に話してみると息子はこんな考えでした。

「きっと、昔はたくさんの甘柿の木があったけど、動物に食べられすぎたりとか、天災にあったりとかの理由がなにかあって、このままでは全滅してしまうと感じた柿の木が、渋柿になることで、自分の身を守ったんじゃない?」

ふんふん、なるほどね・・・・。

ちょっと調べてみました。

種が成長しない内は食べられないように実を渋くして、種が成熟してくると種から分泌される成分で甘くなるそうです。

渋柿はとろける位に熟さないとだめだそうで、私が思っていたように渋柿は最後まで渋いわけではありませんでした。

ちゃんと最後には動物に食べてもらえるように甘くなるんですね。

あっ本当だ・・・・

柿の実が食べられてる・・・・・

よかった・・・・・・・

b0306745_19231161.jpg

















[PR]
by keseraserawahaha | 2013-12-22 20:34 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)

木に思うこと その①

b0306745_10072702.jpg
朝のスロージョギングをしていると季節の移り変わりを感じます。

夏にはわさわさしていた木々も今ではすっかり裸んぼう。

本質をさらしているようなその姿は人間に見えてきます。045.gif

これはキウイの木。

地面から生えてきてまもなくから幾度にもねじ曲がり、太くなり、枝もまた幾度にもねじ曲がりながら伸び太くなっています。

空に向かって伸びている細い枝は苦しさに枝を天に向けながら神様に助けてくださいと懇願しているように見えてくるのです。

ディズニーなどのアニメで悪い魔女に魔法をかけられた木のようです。039.gif

b0306745_10081560.jpg
こちらは桜の木。

花がなくても葉がなくてもやっぱり美しい・・・・・・・

木肌の美しさは、美しい女性を連想させます。

美人はどんな姿になってもきれいで得だなぁ・・・・とうらやましくなります。笑。015.gif

近くに寄ってみると桜の木から樹脂のようなものが出ていました。

b0306745_10250687.jpg
こんなコハク色のものや、透明なものも。

b0306745_10252105.jpg
何か所かに見つけましたが、透明からコハク色に向かっているよな色もあって、たぶん、色の違いは新しいものが透明で、だんだんと色がついてくような感じがします。

べたべた感もなく、つるっとしています。

ポッキッと折って口に入れてみました。
樹液なら甘いだろう思ったのですが、無味無臭。

これは、農家の方が病気の木に塗った薬なのかなと思いました。

家に帰って調べてみると、樹液でした。

コスカシバという害虫から身を守るために出している樹液のようです。

ポキッとしたものはコハクのようにきれいで息子のお土産に持って帰ります。

こんなものも見つけました。

b0306745_10253828.jpg

カエルがこの樹液にくっついたままミイラ化しています。085.gif

夏の暑い時にはこの樹液もベタベタしていたのでしょう。

月日が流れて、このカエルもいつかコハクになるのかもしれないなぁ・・・・・・・

持って帰った樹液のかたまりに息子はやっぱり大喜び。

「磨くっ!」と言って洗ったら、どんどんベタベタしてツヤがなくなり、小さくなってしまいました。

今?037.gif

冷凍庫の片隅にカランっと入っています。笑。003.gif

b0306745_10255267.jpg

今日はこのへんで。

その②へ続きます・・・・・・・・



[PR]
by keseraserawahaha | 2013-12-20 11:09 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
b0306745_08534794.jpg
 

私は比較的どんどん捨ててしまう人だが、時々ゴミとなるものに素晴らしい魅力を感じる

時がある。

この写真のものがそう。

インフルエンザにかかった事のある方にはきっと見覚えのあるもの・・・・・

そう、インフルエンザになった時に処方されるリレンザという薬。

昨年は、息子と私、2人ともインフルエンザにかかってしまい、このリレンザという薬を

処方された。

真ん中の丸く穴の空いた部分に、右上に見える銀色のディスクを装着。

カチッとすると、このディスクが自動で回り、薬の入っている部分に穴が空き、

それを吸引するというもの。

熱があってつらかったけど、このリレンザの未来的容姿にわくわくは止まらなかった!

この銀のディスクが回る様が楽しくて、次の薬の時間が待ち遠しかった。

インフルエンザも3日目になるとグンと楽になり、息子と2人、パジャマ姿で、

このリレンザのカッコよさについて語り合う。

「すっごい、格好いいよねぇ~」017.gif

「宇宙っぽいよね!」017.gif

「薬なのにディスクって言い方も格好いいよね~」017.gif

と空になったディスクを装着しては回して遊ぶ。

4日目には完全におもちゃ、家にある人形たちも登場して、宇宙ステーション。

数日後再び病院に行ったとき、先生にリレンザの格好良さを力説。

「あ~そうですかぁ~」と先生もうれしそう。

・・・・・たぶん・・・・・うれしそう・・・・・041.gif

そんな風にゴミとなるものでも、私と息子には、これはすごいねぇ・・・・と宝物のように

思えるものがある。

でもこんな風に共感できるものばかりではない。

大抵は共感しない・・・・・・・046.gif

今、息子が愛おしくしているもの・・・・・それはこれ

b0306745_08533417.jpg

ベランダの手すりに干されている。

「ぼく、これ飼うから捨てないでね・・・・・」といって干してから数日が過ぎた。

朝、洗濯物を干すときに目が合う。

・・・・・・・・

まだいた085.gif

・・・・・・・・

なんだと思います?

11月21日のブログ 「和菓子のような入浴剤」

http://shirotume.exblog.jp/21502484/ で紹介した入浴剤に入れた桜なんです。

お風呂に浮かんでいた時はこんな感じ。


b0306745_08555831.jpg

翌日お風呂を掃除していたら、息子が来て、「ぼく、これ飼う」となった。

もう1週間干されている・・・・・すっかり忘れているに違いない・・・・・

ようするにほったらかし・・・・・・・

私はこの干からびた桜の写真を撮って、机に置いておいた。

息子が学校から帰ってきた。

「ただいま~」

・・・・・・

机に置いてある写真を見ている。

息子  「何これ??????」027.gif

     「なんだこりゃ・・・?・?・?」027.gif

私    ・・・・・・・「桜」・・・・・・

息子、またもや、手をたたいておおうけ。爆笑。サルのおもちゃみたい。

(最近 息子はサルのおもちゃのようによくなる・・・・私と波長が合っているようだ)037.gif

それで・・・・・・・

どうなるの?023.gif

これ?023.gif

・・・・・・・・・

どうにもならなかった・・・・・・

今朝もまた、干からびていく桜と目が合った。

明日はいるかなぁ・・・・・

お正月までいるのかなぁ・・・・・

風が強い日には落ちちゃうのかなぁ・・・・・・

だんだん楽しみになってきた。041.gif






[PR]
by keseraserawahaha | 2013-11-29 12:09 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(1)
b0306745_17272745.jpg



先日、11月24日のブログ、「実験!焚き火に卵を入れるとどうなるのか?」

http://shirotume.exblog.jp/21531625/ の話には続きがあります。

久しぶりの焚き火を楽しんだ私と息子は「今日は楽しかったねぇ~」と大満足。

夕飯の時にも、「やっぱり、夏は川遊び、冬は火遊びだよね~」と会話も弾む。

私 「そういえば、学校のプリント(テスト)今年はどうする~?」023.gif

     ・・・・・・・・・
  
我が家では、年度末の楽しい行事があります。

あまり大きな声では言えませんが 、息子のテストやプリントを燃やします。028.gif

アルミのバケツに電気ドリルで穴を空けた缶の中に入れて庭で燃やすのです。

その話を友人に話したところとてもびっくりされたことがあります。

「えっ見ないで?」005.gif

「うん、見ないなぁ・・・・・」

「えっどんな答えが書いてあるか気にならないの?」005.gif

「うん、気にしたことないなぁ・・・・」

そんな会話でした。

点数が何点か・・・・は気にしたことはなかったけど、目にとまったちょっと面白いテストは

数枚宝物として保管しています。

例えば、先生の手書きのテスト問題。

ちょっと(だいぶ)字がきたなくて読みずらい。

テスト文章の途中に息子から先生へのコメントが書かれていました。027.gif

「先生は、字は丁寧に書きなさいと僕たちには言うけれど、

先生の字は汚くて読みにくいです。先生も丁寧に書いてください。」

そして先生の文字が突き抜けるはずのところで突き抜けていないので

息子が赤で×をつけ、直しを入れているプリント。037.gif

あとは、プリントの横に面白いいたずら書きが書いてあるもの。

例えば、彼の作った漢字の問題。

①口+口=

②山+石=

③間違え直し  全大石をむく。

答え ①回 ②岩 ③全体右をむく

そのような面白いプリントは数枚大事に残しています。

・・・・・・話が少しずれてしまいました。

元に戻ります。

たまってしまうテストやプリントを捨てる・・・・というのにはなんとなく抵抗があるけれど

燃やす・・・・はいい感じ~・・・・・なのは私だけ??????・・・ですか????

プリントは燃やしていたのですが、事情により、引っ越しをして、今は庭のない

アパート暮らし。

さてどうしようという話を息子にした訳です。

すると息子「本当は燃やしたくなかったんだよね~」015.gif

       「あれはぼくの記録だから・・・・・」015.gif

私「へっ?・・・・・・・・・・」005.gif
  
  「・?・?・?・?」005.gif

もうびっくりです。

息子よ、「燃~えろよ 燃えろ~よ~ 炎よ 燃~えろ~」060.gif060.gif060.gif 

と楽しく一緒に歌い燃やしたではないか?

火の回りで一緒に踊ったではないか?

これは息子の本心だろうか?

だとしたら、これは私にはない遺伝子・・・・・・夫のだ!・・・・・・・。034.gif

あ~びっくりした!!!





[PR]
by keseraserawahaha | 2013-11-27 17:46 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)

ベッドになる変形家具

b0306745_10161711.jpg


横浜からの出題です。

この中にベッドに変形するものがあります。どれだと思いますか?

どれも怪しく見えますね、笑。004.gif

正解はこちら・・・・・

右のオットマンです。

中を開けてみましょう・・・・・・005.gif



b0306745_10204152.jpg

こんな感じ。

第2段階へ進む・・・・・


b0306745_10215247.jpg

手前に軽く引っ張るとベッドが上がってきます。

第3段階へ進む・・・・・・・



b0306745_10235003.jpg

ちょっと方向的に狭かったので向きを変えましたが、こんな感じ。

第4段階へ進む・・・・・・・


b0306745_10253416.jpg

これを購入したのはもう10年近く前。

アメリカの友人宅のソファーがこのような形でベッドに変形するのを見て心が躍り、日本でもないかとずっと探していました。

当時はこのような形でベッドに変形するタイプは珍しかったので、衝動買いしてしまいました。

必要だったのか?言われたら、エキストラベッドとして使用したことはないのですが、このマジックのような変化に心を奪われてしまったのです。笑079.gif

でもオットマンとしては活躍してくれています。

「私の本当の力を見せたい!! 」017.gif
そう、オットマンが訴えているようで紹介しました、笑。041.gif




[PR]
by keseraserawahaha | 2013-11-16 10:40 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
b0306745_710685.jpg

こちら山梨から・・・・。

息子の部屋の模様替えをしました。

アパートなので部屋の広さを活かそうと以前は壁側にぴったりと机をつけて置いていました。

この写真で見える白い壁にぴったりと・・・・・。

なんで写真を撮っておかなかったんだろう・・・015.gif

そう・・・・・、やるぞ~と決めたら、写真どころじゃない、一刻も早く、イメージの配置に動かしたくなってしまうのです。

机と言っても、キャスター付きの引き出し2つの上に大きめの板をのせているだけなんですけどね。

横浜の息子の部屋のベッド付きシステムデスクからこの引き出し2つを持ってきて板だけこちら山梨のホームセンターで買いました。

なので、壁につけていた時は、L字型ではなく、I型、一直線にして置いてありました。

椅子に座ると壁を見る感じで。

それを部屋の入り口に向かって机の位置を変えました。

夫の部屋の机はこのように入り口に向かって机を置いているのですが、息子も一人前になってきたので、「男の部屋」にしました。004.gif

男は敵に背中を見せない!、入ってきた相手とは堂々と正面から会うという意味で男の部屋。037.gif

風水は知らないし、そんなの本当かどうかも知らないんですけど、私の勝手な思い込み。037.gif

だってテレビで見る社長の部屋ってみんなそんな風でしょう・・・?034.gif

それに動物の世界でも敵に背中を見せないですよね?034.gif

実際に座り比べてみると、壁を向いて何かをするよりも、入り口を正面に向かって座ったほうがず~~~~と気分がいいのです。

驚くほどの気分の違い。005.gif

この感覚の違いが毎日積み重なったらなんか違うかも・・・・と思うのです。

同じ花だけど、太陽をいっぱい浴びた花と日陰の花みたいな・・・。


息子も明らかに気分がいい様子。

あんまり自分の部屋では過ごさなかったのに、この頃は机に向って何かしています。

あっゲームの攻略本・・・読んでいるのね・・・・・037.gif
[PR]
by keseraserawahaha | 2013-11-08 10:26 | 日々の暮らし

儀式?

b0306745_15515220.jpg


私たち家族3人は、平日を離れて過ごしています。
私と息子は山梨県で、主人が神奈川県。

そして週末になると家族は山梨か神奈川、どちらかに集まって過ごします。
そんな生活が1年を過ぎたところです。

今週は息子の学校が1週間ほどの中休みで、主人のいる神奈川に来ていました。
今度来るときはクリスマス頃かなぁ・・・・そんなことを思いながら儀式を始めました。
今日は息子も一緒に儀式に参加、笑。003.gif037.gif

b0306745_1553516.jpg



ここは主人の机です。

私がぐ~すか眠っている夜遅くも、朝早くもここで仕事や勉強をしています。

この机、本当はダイニングテーブルとして売っていたのですが私には主人の机としてピッタリだと思えたのです。

足の部分が龍の足になっています。
そして龍の足が金の玉をつかんでいるのです。
成功をつかめるように・・・・・縁起がいいでしょう。


b0306745_1555584.jpg


山梨へ帰る前日、感謝を込めて、机を磨きます。
玉の部分は息子が「父さんありがと~う」「父さんを守ってくださ~い」と磨いていました。037.gif

いつもお仕事、ありがとうございます。

机もきれいになってとても喜んでいるみたいです。003.gif
[PR]
by keseraserawahaha | 2013-10-25 16:03 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)