毎日を楽しく自分らしく


by keserasera
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:レシピ( 23 )

b0306745_20390140.jpg
先日、八ヶ岳にあるキッチンオハナでランチをした。
まだ数回した行ったことはないが、行く度に感激して帰ってくる。
すごいことにキッチンオハナのホームページやフェイスブックにはメニューのレシピを載せている。
厚揚げの赤ワイン煮がおいしくて検索してみたら、フェイスブックのほうにレシピが書いてあった。
黒酢、酢、みりん、薄口しょうゆが同量でその5倍量の赤ワイン、水少々で下煮。
翌日赤ワインとみりんで煮返して照りを出すと書いてある。
厚揚げを切る
b0306745_20460725.jpg
先ほどの分量で下煮
b0306745_20463754.jpg
翌日、煮返す
b0306745_20474023.jpg
でっでっできた
b0306745_20481214.jpg
まずまずのできばえ
一緒に行った友人はキッチンオハナの人参ドレッシングを作ったらしい
私も作ったが、これまたおいしい
我が家の食卓に新しい風を吹かせてくれるキッチンオハナ
ありがとうございます


[PR]
by keseraserawahaha | 2017-05-15 20:52 | レシピ | Trackback | Comments(2)
b0306745_10452276.jpg
ここ数年のゴールデンウィーク、山男たちが下山すると我が家に一泊して行く。
そして食べきらなかった行動食の乾き物などを置いていくのでこの時期、お菓子の缶がいっぱいになる。
今日はそちらから、さきいかとピーナッツを使ってサラダを作った。
b0306745_10493960.jpg
b0306745_10495283.jpg
前日に作った新玉ねぎとディルのドレッシングにイカとセロリ、ピーナッツを30分ほど漬け込む。
ディルと新玉ねぎのドレッシングはとてもおいしい。
作り方は、すりおろした新玉ねぎ、セロリ、オイル、りんご酢、はちみつ、塩、コショウ、ディルを合わせる。ディルがいい仕事をしてくれる。
b0306745_10551441.jpg
今回、さきいかは白いものと、皮つきのもの2種類があったので両方使った。

b0306745_10452276.jpg
食べる直前にレタスやトマトを和えてできあがり。
ものすごくうまいっ!
わざわざ、さきイカとピーナッツを買って作りたい一品になった。

[PR]
by keseraserawahaha | 2017-05-15 10:59 | レシピ | Trackback | Comments(2)

ドライフルーツの羊羹

b0306745_2219389.jpg

知人からのおみやげでいただいたドライフルーツの羊羹が素晴らしくおいしかった。
中にはラム酒でつけたいちじく、いちご、クルミが入っていて、商品の説明には
お酒と一緒に・・・・・・
フランスパンにクリームチーズ、羊羹をのせていただいてもおいしいと書いてある。
なるほど・・・・・
これはもう、和菓子の羊羹ではない!
素晴らしい!!なんだこのおいしさは!と感激。

その後何度か取りよせていましたが、これはもう、自分で作りたい!
ということで
想像力をフル回転して作ってみました。
なんと、すご~い、おいしいできばえに自分でびっくりぽん。

b0306745_22313165.jpg


では作り方

b0306745_22315959.jpg


まず、ドライフルーツ選びから。
私が選んだのは白いちじく、アプリコット、プルーン。
ラム酒に合いそうなもの。
干し柿もラム酒に合うそうで、季節ならよかったと思います。
ラム酒に漬け込むのですが、とにかく早く作りたい私はラム酒を火にかけアルコールを飛ばし、
アツアツの中にドライフルーツを漬け込みました。
作りたい心を落ち着かせ、頑張って3日待ちました。

クルミは少しトースターにかけて香ばしくしておきます。
焦げやすいので目を放さずに。

b0306745_22372872.jpg


次に寒天を水に入れ、弱火で溶かしていきます。1分ほどかき混ぜます。

b0306745_2238463.jpg


溶けた寒天の中に、あんこを入れて混ぜていきます。

b0306745_22402141.jpg


こんな感じになめらかになってきたら、黒糖を加えます。

焦げないように弱火でよく混ぜながら少し沸々とさせます。
つやが出て、とろみが出てきます。
最後に火を止め、ラム酒大さじ3を入れ軽くかき混ぜます。

b0306745_2244631.jpg


あんの準備はこれでオッケイ。
型に流し込んでいきます。
100円均一のケーキの型を使いました。

b0306745_2247012.jpg


まず半分の量のあんを型に流し入れ、ドライフルーツとクルミを敷きつめていきます。
どこを切っても色々な味が楽しめるように考えながら・・・・・。

b0306745_2249217.jpg


その上からあんをまた流し入れます。冷めてしまうと固まりやすので手早く、でもきれいに隙間なく。
容器が紙なので横に広がりやすく、それを防ぐためにペットボトルで脇から押さえています。
ある程度冷めて固まってきたらペットボトルは外しても大丈夫。
あとは冷蔵庫に入れて数時間、よ~く冷やして出来上がり。

b0306745_22533099.jpg


カットは1センチがおいしくいただけるベストな厚さです。
切り口もワンダフル!

【材料】
白いちじ
プルーン
アプリコット
クルミ
ダークラム酒(漬ける用+大さじ3)
こしあん 1キロ
水 500cc
粉寒天 4グラム×3本 (12グラム)
黒糖 80グラム


この分量でパウンドケーキ型Lサイズが3本作れます。
[PR]
by keseraserawahaha | 2016-04-21 23:13 | レシピ | Trackback | Comments(1)

b0306745_09485992.jpg

朝起きると、1日の始まりは、スロージョギングから。

カギを開け、家の中に入ると、パンの香ばしい匂い。

フライパン片手に息子が、「お帰り~」

b0306745_09494930.jpg

最近は自分の朝ご飯を作る息子。

特に親子ミーティングで決まった訳でもなく、息子の気分のようです。笑003.gif

今日の朝ご飯のメニューは何でしょう?

b0306745_09491071.jpg
ピザトーストにレタスのソテー、豆乳ブルーベリーヨーグルトのようです。

盛り付けも、お皿の選択も、これかぁ~!と笑ってしまいました。

面白い。

どぎつい感じはテーブルのせい???037.gif

息子は満足気に食べています。

私?

私は玄米ご飯でメニューが違うので自分で作ります。037.gif

空いた時間に私はらっきょうの皮むきをすることにします。

b0306745_09491795.jpg
この作業本当は嫌いです・・・・025.gif

地味で時間のかかる仕事です。

せめて歌でも歌いましょう060.gif

060.gifしみじみ むけば~060.gif しみじみとぉ~060.gif夫の喜ぶ顔浮かぶ~ぅ~ぅ~060.gif

矢代亜紀さんのなんて歌だったかなぁ・・・・・替え歌ね041.gif

060.gifらきょう、らっきょう、むけむけ、もぉとむけ~私のいい人喜ぶよ~060.gif

大きな声で歌うので、

息子「母さんっ!下の人に聞こえるよっ!」

さて、むいたらっきょうは沸騰したなべにさっとくぐらせます。

b0306745_09494145.jpg
ざるにあけて、冷まします。

b0306745_09492930.jpg
冷めたら、ジップロックにお酢、砂糖、塩、タカの爪と一緒にらっきょうを入れます。

b0306745_09484934.jpg
色が付いていますが、リンゴ酢と、三温糖の色です。

あとは冷蔵庫に入れて、時々上下をひっくり返します。

5日位から食べ始めてしまいます!浅漬けですね。

b0306745_09485992.jpg




[PR]
by keseraserawahaha | 2014-06-12 10:19 | レシピ | Trackback | Comments(0)
b0306745_15393373.jpg
梅ジャムってなんておいしいのでしょう!!

でもあまり売っていないのはなぜなぜ?

すごい謎です。

昨年作った梅ジャムも大事に大事に食べたけど、1年もちませんでしたっ!008.gif

最後の瓶の時には、「これで最後だから、大事に食べよう!」 が合言葉。

そして待ちに待った梅の季節です!!

本当にうれしい016.gif

今年も作ります。

b0306745_15395724.jpg
とはいえ、昨年は約80瓶作って梅に追われる日々でした。037.gif

今年は50瓶位しておこ~っと。

梅は13キロ買いましたが、梅干しと梅シロップも作ります。

ジャムにするのは9キロの予定。

段ボール箱に入れて少し追熟させます。

b0306745_15502651.jpg
追熟させた梅のヘタをようじできれいに取り除き、水につけて2~3時間、あく抜きをします。

梅はあくが強いので 結構 大事な過程です。

一度水を捨てて、新しい水に取り換えたら火にかけます。

b0306745_15504779.jpg
この泡ぶくはアクなので一度ざるにあけてこぼします。

少し水を足して再び火にかけ煮ていきます。

b0306745_15511384.jpg
こんな風にトロトロになってきたら火を止めて冷まします。

冷めたら種を取り除きます。

種の周りにペクチンがたくさんついているそうなので、丁寧に。
b0306745_15512685.jpg
種を取りのぞいたら、ブレンダーにかけてなめらかにします。

b0306745_15514600.jpg
ここにお砂糖を加えてさらに煮詰めていきます。

焦がさないようにヘラで常にかき混ぜます。

お砂糖の量ですが、今回は1回分の梅の量2.5キロに対して、お砂糖は2キロ入れてみました。

7割から8割位がいいと思います。

あらあらっ・・・・

買ってきた瓶の洗浄、消毒もしなくては・・・・・・

b0306745_15524037.jpg
値段のシール剥がしが嫌いです。015.gif

洗ったら リッカーで消毒、瓶の準備をしておきます。

ジャムをきれいな瓶に詰めたら、フタを軽く締めて、煮沸します。

水の量は瓶の7、8割ほどがつかる程度。

沸騰してから2~30分。

鍋の底には布を敷いたり、アミを敷いたりしています。

急激に熱くなると瓶が割れてしまいますので、必ず水から沸騰させてください。

煮沸し終わった瓶はすぐにフタをきつく閉めていきます。

b0306745_15523104.jpg

梅がなくなるまでこの作業を繰り返す日々。

この季節のテーブルの上は、しばらくこんな感じ。

出来上がった梅ジャムの瓶と、仕込みの梅シロップ、梅干し、砂糖に空き瓶、アク抜き中のボール・・・・・


b0306745_16133290.jpg
さて数日かけた梅ジャムの瓶詰め作業も終わり、ホッとしました。

今度はラベル作りです。

b0306745_15530525.jpg
パソコンとプリンターを使って作ります。

ラベル貼りはのんびりと相棒を見ながら・・・・・いい時間です019.gif

私、水谷豊さんが好きなんです。

頭が良くてスマートな感じが素敵。

ジャッキーチェーンとブルースウィルスも好きです。034.gif

最近は息子とカンフー映画を見るのにはまっています。041.gif

私のとるカンフーポーズはすごくババくさいらしいです。

そんなことはおかまいなし!

いちいち直されようが気にせず、いつまでもババくさいカンフーポーズ。041.gif

b0306745_16192437.jpg
ほいほい、できあがり。

b0306745_15393373.jpg
56瓶なり!

嫁に出ていくのは、何瓶かな?012.gif

[PR]
by keseraserawahaha | 2014-06-10 16:31 | レシピ | Trackback | Comments(1)
b0306745_07330740.jpg
桜の塩漬けを作るのが春の楽しみのひとつです。

八重桜は まだか?まだか?と心待ちにしていました。

b0306745_07342917.jpg
きれいなピンク色が鮮やかで香りもとてもいいです。

鼻につけてみると、桜餅の香り。003.gif

7分咲き位の花を摘みます。

春の風の中で桜の花を摘む時間は心が満たされます。


b0306745_07324853.jpg
摘んできた桜は水で洗います。
 
虫が入っている場合もあるので、気をつけます。

洗った桜は塩で漬けていきます。

b0306745_07344000.jpg
桜と塩を交互に重ねていき、上に重石をのせます。

b0306745_07351231.jpg
今回はビニール袋に水を入れて重石にしました。

お皿などの重さのあるものでもいいと思いますが、このほうが端まで重石ができます。

3~4日程漬けたものがこちらです。

b0306745_07331967.jpg
水が上がってきているので軽く水を絞ります。

この時の桜の色を覚えていてくださいね、この後、うれしい驚きがあるんです。

b0306745_07341317.jpg
今度は、軽く絞った桜をリンゴ酢につけヒタヒタにします。

1時間もすると桜の色がとても鮮やかに発色してきます。

まぁ~きれい!すてき~!みとれてしまいます。

つぼみの時の色そのものですね。


b0306745_07325739.jpg
この状態で2~3日、また重石をしておきます。

2~3日たったら、軽く絞り、今度は形を整えながらキッチンペーパの上に並べます。

b0306745_07333301.jpg
なんとなく、数えてみると約500ありました。

半日ほど影干したら仕上げの塩にまぶしていきます。

b0306745_07330740.jpg
軽く押さえるように塩をまぶしたら、保存容器に入れて出来上がりです。

b0306745_07350239.jpg
我が家ではちょうど1年で使う位の量だと思います。

桜ご飯が大好きでよ~く作ります。

b0306745_09183527.jpg
桜ご飯の作り方はこちらからどうぞ。

http://shirotume.exblog.jp/21336798/






[PR]
by keseraserawahaha | 2014-04-30 09:31 | レシピ | Trackback | Comments(0)
b0306745_11421030.jpg
お散歩をしていると

ここにも・・・・・・

あそこにも・・・・・

スギナが目に留まるようになりました。

b0306745_11432120.jpg
今日はスギナを摘んでお茶を作ります。

春の風に誘われて近くの河原へやってきました。

たくさんあります。

b0306745_11422243.jpg
まだこどものつくしもチラホラと見えました。

持ち帰ったら水で洗います。

b0306745_11430303.jpg
 洗ったら干します。

こういうネットは、ホームセンターなどで1000円弱で売っています。

干し芋を作るのに干したり、梅干しを干したり、野菜を干したり、あると便利です。

虫もつかないので気にっています。

b0306745_11425100.jpg
お天気が良くて風がある日でしたら2日も干せばパリパリになります。

このままでもいいのですが、私は焙じます。

保存しておくので、虫が出たりしないようにという事と、焙じることで香ばしくなるからです。

鍋に入れて手で軽くモミモミすると、簡単にバラバラになります。

b0306745_11433513.jpg
今日は弱火で30分焙じました。

常にかき混ぜながら・・・・弱火で30分。

結構長い作業のように思えますが、草の香りに包まれて結構楽しい作業であっという間です。

私はこの匂いが割と好きですが、息子は嫌いです。

なんとも言えない匂いだと言っています。

例えて言うならなんでしょう?

そのままですが、草を炒っている匂いです。

キャンプに出掛けた時などに、鍋に草を入れて炒って遊んだりしたことありませんか?

泥や虫の死骸を入れたりして、最後はとんでもない汁になっちゃうんですけどね。044.gif

ブクブクいっちゃって、魔女の薬みたい・・・・・028.gif

私はお化け屋敷の匂いみたいって言うんですけど、平成生まれの息子にはわかってもらえません。

私が子供の頃はお化け屋敷っていうとススキのような、草の匂いがセットでした。

しっかりとよく冷ましたら、保存容器に入れて出来上がりです。

早速頂きたいと思います。

b0306745_11423056.jpg
今日のおやつはノンオイルバナナケーキとスギナ茶です。

みなさんもよかったらスギナ茶作ってみてください。

スギナには実にたくさんの効能があるようです。

・解熱
・利尿効果・・・葉緑素の作用
・デトックス効果
・鎮咳作用
・結石
・腎臓病の予防、腎機能の促進
・潰瘍
・ガンの予防
・自律神経失調症・・ナトリウム及びカリウム不足が原因で起こる。
・むくみ解消
・咳止め
・アトピー性皮膚炎改善
・糖尿病の予防
・肝臓病
・高血圧の予防(血圧低下作用)
・老化防止
・骨粗しょう症予防
・便秘改善



b0306745_11421030.jpg
万能なスギナ茶、くせのない味ですが、苦手な方は他のお茶に混ぜて飲むといいと思います。





[PR]
by keseraserawahaha | 2014-04-28 12:42 | レシピ | Trackback | Comments(0)
b0306745_16540022.jpg

今日は日曜日。

ポツポツと雨が落ち始めましたが、息子からノビルを取りに行こうと誘われてお散歩に出発。

家族が揃うはずの日曜日ですが、今日、主人は横浜にいます。

実はこの4月から主人は大学生になりました。

と言っても起業大学。

日曜日と平日夜の週2~3日の学校です。

突然の事でした。

私  「次の週末はどうする?」

夫  「大学なんだ」

私  「エッ???」 

  「がはははははっ」

びっくりして笑ってしまいました。

話をしていると、息子が「なになになに??」

私  「父さん4月から大学に行くんだって」

息子「えぇ~知らなかったよ!なんでぼくには教えてくれなかったの?」

私  「母さんも今聞いたところだもん、笑」

相変わらず1年後予測不能の我が家です。

と言う訳で今日は息子と2人のノビル摘みなんです。

なんでもない道端にシュッと伸びているノビル。

b0306745_16505775.jpg

息子 「こうやって自分で摘んだものを食べるのって楽しいよね~」

私  「ホントだね~、楽しいね~」

二人でテンション高くお散歩。

私がふざけてばかりいるものですから

息子「母さん、恥ずかしい、ここは家じゃないんだから・・・・・今すれ違った人見てたよ~」

あらあら・・・・ごめんなさい。でも楽しいね。君も楽しそう。

今日はノビルみそにするので下の白い部分を使います。

b0306745_16510931.jpg
刻んでみそと合わせます。

ノビルを炒めてから・・・・というお家もあるようですが、我が家ではそのままが香りがあって好きです。

b0306745_16504400.jpg
こんな感じになりました。

b0306745_16503409.jpg
早速、朝ご飯でいただきます。

b0306745_16500184.jpg
これね・・・・これ。

b0306745_16495160.jpg
きゅうりにつけたり、玄米ご飯にのせたり・・・・・・

b0306745_16501442.jpg

ノビルみそが食卓に並ぶと春が来たって感じがします。

つくしはあんまり喜ばないんだけど、摘むのは楽しくて、今年は1度だけ作りました。

次の週末はつくしの親、スギナで、スギナ茶作ろうかなと思います。









[PR]
by keseraserawahaha | 2014-04-21 17:30 | レシピ | Trackback | Comments(2)

レモン塩を作ります

b0306745_10251491.jpg
逗子の友人からうれしい季節のおくりもの。

お庭になったたくさんのレモンをいただきました。

もちろん無農薬ですし、皮までおいしくいただきたいと思います。

届いた日はレモンご飯を作りました。

酢飯を作る要領でお酢の代わりにレモンを使います。

ツンとこない、フルーティーなご飯は、爽やかで食べていてうれしくなります。

そして今日はレモン塩を作ります。
b0306745_10273667.jpg
皮をむいて乾燥させます。

残った実は果汁を搾ぼります。

「ぼくがやりた~い」息子がやってきました。
b0306745_10255118.jpg
搾った果汁は製氷皿に入れて凍らせます。
b0306745_10272549.jpg
1個分が大さじ1になります。

こうしておくと いつでも便利に使えます。

ウチではドレッシングで使うことが多いですね。
b0306745_10260748.jpg
そして、乾燥させておいたレモンの皮。

春休みで山梨と横浜を行き来し留守にしていた1週間でよく乾燥できていました。
b0306745_10262071.jpg
マジックブレッドにかけてミルします。
b0306745_10264546.jpg
こんな感じになりました。
b0306745_10270075.jpg
塩と混ぜて出来上がり。
b0306745_10271385.jpg
天ぷらに添えて・・・・・と思いましたが、それは主人が揃った日に。

今日はフライドポテトにふってみました。

レモンの香りの爽やかなフライドポテトになりました。

サラダにはもちろんレモンのドレッシング。

凍らせておいたレモンを使います。

人参とニンニクを一緒にミルしてちょっとパンチのあるドレッシングになりました。
b0306745_10263592.jpg


[PR]
by keseraserawahaha | 2014-04-16 10:34 | レシピ | Trackback | Comments(2)

我が家の大根の漬物

b0306745_15423633.jpg
冬は大根がおいしい季節ですね。

おいしい大根の選び方って知っていますか?027.gif

大根の縦に伸びている、えくぼみたいなくぼみがあります。

それがねじれず、真っすぐなものが甘くておいしい大根です。034.gif

今日は我が家の大根の漬物を紹介します。

漬けて1ヶ月位は日持ちすると思いますが、我が家では翌日から食べ始めてしまい、1週間以内には食べ終わってしまいます。

漬けた日数によって味が変わってくるのも楽しみです。012.gif


材料

大根   おおきいの1本  (今日は皮をむいて1.2kg)

昆布   3×3センチ位の昆布 4枚

タカの爪 適量

生姜   30g位

ニンニク 大きな1カケ

塩    大さじ2

酢    大さじ2

砂糖   大さじ2 

ゆず   お好みで


作り方


b0306745_15431496.jpg
大根の皮をむきます。

今回は皮をむいた状態で1.2kgです。

b0306745_15432794.jpg
ショウガ、にんにくを千切りにし、昆布、タカの爪も準備します。

お好みでゆず。

ジップロップに大根、刻んだ、ショウガ、にんにく、昆布、タカの爪、塩、酢、砂糖を入れます。

b0306745_15435998.jpg

試行錯誤しましたが、1.2キロの大根に対して、
塩   大さじ2
酢   大さじ2
砂糖  大さじ2    の割合が良いようです。

1.2キロに満たない場合は人参などほかの野菜などを足して重さを調節してください。


b0306745_15442164.jpg
水分がないように見えますが、少しずつ大根から水分が出てきます。

冷蔵庫で保管しますが、冷蔵庫を開ける度に上下をひっくり返します。

2日もするとこんな感じになります。

b0306745_15443587.jpg
我が家は翌日から食べ出してしまいます。

翌日は浅漬けのような感じ。

日数で、毎日味も変わってきますし、塩も寝てきます。

どの日がおいしいのかなぁ~。

どの日もおいしいです。003.gif



b0306745_15424890.jpg

スーパーでおいしい大根をみつけたら、どうぞお試しください。










[PR]
by keseraserawahaha | 2014-03-03 16:23 | レシピ | Trackback | Comments(0)