毎日を楽しく自分らしく


by keserasera
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:作る( 15 )

段ボール工作で盾を作る

b0306745_23361613.jpg

ひさしぶりに小さい子用の工作をするチャンスが!
やっほ~う!
あまりに楽しく、夢中になってしまい工程の写真を撮っておきませんでしたので、出来上がったものから工程を書き出します。
段ボールで同じ型を2枚用意します。
b0306745_9121716.jpg

シルバーに見える部分はお菓子の袋を裏返して使っています。
b0306745_23394449.jpg

中央の緑色の部分は、洗剤のフタ。中にはビーズを入れて音がなるようにしています。
その上に瓶ビールのフタをつけました。
あとは家にある箱を解体してそれっぽく模様を作りました。佃煮が入っていた黒い箱を使いました。
b0306745_2344099.jpg

このキリンのフタ、つぶしてみるといい感じが出ました。
覗く部分はクリアファイルを使っています。
b0306745_23463916.jpg

裏側
b0306745_2347152.jpg

持ち手を付けております。
b0306745_23473056.jpg

まわりの装飾には、家にあったマスキングテープとビニールテープを使っています。
[PR]
by keseraserawahaha | 2016-07-11 23:50 | 作る | Trackback | Comments(1)

熊の置物のリメイク

b0306745_8421319.jpg

実家にあった昔ながらの熊の置物をリメイクしました。
元の姿はこちら。渋いですね!

b0306745_847482.jpg


白で下地を塗りました。2度塗り。

b0306745_2229537.jpg


その上にアイボリーを重ねて2度塗りをして、表情を付けていきました。

b0306745_22361372.jpg


b0306745_22371312.jpg


100均のラメ入りアクリル絵の具を使って色を塗っていきました。
魚の色は「さかなクンのホームページ」より、シャケのイラストを参考に塗りました!

b0306745_844589.jpg


どうだ!
・・・・・・ん?
我が家のインテリアには、いま一つしっくりこないような・・・・・
でも楽しみました。

b0306745_8451597.jpg

[PR]
by keseraserawahaha | 2016-01-16 22:43 | 作る | Trackback | Comments(0)
b0306745_11134371.jpg
夏休みで実家に行った時のことです。

タンスの中に形見分けで頂いた素敵な着物がありました。

着物を広げるとモスノーの匂いが懐かしく、この着物を着ていた日吉のおばさんを思い出しました。

小柄でかわいらしい、きれいな方でした。

いつも着物姿で、椅子にちょこんと座っておしゃべりをする姿が印象に残っています。

私も形見分けで茶箪笥をいただきました。

今でも大事に使わせて頂いています。

時々ワックスで磨き、つやぴかです。

b0306745_11145445.jpg

着物の事を母に聞くと、頂いたものの、長い間、直すこともなく、ずっとタンスの中にしまってあったというのです。

もう着る機会もないと思う、というので私がいただいてきました。

b0306745_11142485.jpg
b0306745_11143748.jpg
さてさて・・・・・・

私はこの着物を使って、おじさんたちに草履を編むことにしました。

この着物を着ていた女性の息子さんたち、常おじさんと茂おじさんです。

どの柄の着物がいいかなぁ・・・・・

まずは着物の解体作業。

b0306745_11151313.jpg
時間かかる地味な作業です。

草履用に布のカットができたら、ひも状にアイロン掛けをしていきます。

b0306745_11153824.jpg
小柄な女性でしたので、1つの着物から1足分の草履ができ、少し余る程度になりそうです。

後は編んでいきます。

b0306745_11155277.jpg
使わなくなったまな板にフックをつけた即席編み台を使います。

草履の土台ができ、鼻緒の生地選び。

おじさんたちのイメージで選びました。

b0306745_11160947.jpg
こっちが常おじさんの草履。

イメージは、ちょっと品があって、真面目で誠実な御殿さまの草履。

b0306745_11164574.jpg
こっちは、茂おじさんの草履。

イメージは、粋でちょっと色男な若旦那の草履。笑

b0306745_11163154.jpg

おじさんたち、気に入ってくれるかな?

日吉のおばさんをきっと思い出すね。

b0306745_11134371.jpg
私が草履を編んでいる時間、息子は幼稚園の頃からの親友と久しぶりの時間を楽しんでいました。

「幼稚園の時を思い出して泡ぶく名人するかぁっ!」

「やりたい、やりたい!」

と始めた遊び。

きっとどこの家庭でも見られない変わった遊び、笑。

でも単純でとても楽しい!

おろし金で固形せっけんを細かく削り、それをボールに入れて、少量の水を加え、ひたすらに泡だて器でホイップします。

b0306745_12043664.jpg
思わず舐めたくなるほどのニセ生クリーム。

でも香りが石鹸だから変な感じがする位。

容器に入れてアイスクリームを作ったり、食紅を入れて色をつけたり・・・・・。

で、息子たちは何を入れるんだろう・・・・・?

うわぁ・・・・・

ありんこを捕まえて入れている・・・・・

泡だてたホイップ石鹸は・・・・・

それはもう、お風呂で遊びたいよね、わかっているよ、笑。

b0306745_12050102.jpg
「ピーピピッピ、お風呂で呼んでいます」

「ピーピピッピ、お風呂で呼んでいます」

「ピーピピッピ、お風呂で呼んでいます」

何度も呼ばれます。

「なぁに~?」

その度に「ぬいぐるみ、お風呂に入れていい?」

「泡ぶく名人湯船に入れていい?」

「水中メガネ持ってきてくれる?」

「いいよ~いいよ~」

「そのかわり楽しんでね~」

「うん、わかった!」

湯船の中はアカなのか、石鹸なのか?わからないけど、フユフユと白いものがいっぱい浮いている。

私はひよぇ~だけど、本人たちは、ご満悦のこの笑顔。

にっこり笑って潜っている。

目にしみないの?

あれは後で髪の毛ごわごわだな・・・・。笑







[PR]
by keseraserawahaha | 2014-08-27 12:46 | 作る | Trackback | Comments(1)

布ぞうりを編む mama


b0306745_06012224.jpg


もう20年以上前のことですが、私の家は布団屋でした。

実家には今でも その頃にお店で扱っていた布団の生地がけっこう残っています。

オークションに出そうかなと思っていたのですが、ふと、布ぞうりを作ろうと思いました。

材料は布とビニールのひもがあればできそうです。

最初はこんな風に足でひっかけて作っていました。

b0306745_06043072.jpg

この体勢は結構きつく、背中が痛い、肩が凝った・・・・と、長時間だと疲れるし、きれいに編んでいくことに集中しにくいのです。

あっ・・・・歳のせい?

ネットで調べると布ぞうりを作る為の台というのを2000円ぐらいで売っていることがわかりました。

ふ~ん・・・・・・なるほど、なるほど・・・・

もちろん、買う訳はなく、そのへんにあるもので何とかしようと考えます。

ようするに、ひもを引っ張れて固定できればいいのです。

家中を歩き回り、使わなくなった古いまな板と和室のカモイに取り付けるフックを見つけました。

まな板にガムテープでくっつけてみます。

b0306745_06073246.jpg

わぉ!、なんて格好悪い道具の出来上がり・・・・・・

早速、ひもを引っ掛けてみます。

b0306745_06084469.jpg

ひっかかりもいいし、使いやすそうです!

さぁ、布を選びましょう!

いつくか作ってだいぶ上手になってきたのでここらで本番、主人のぞうりを編むことにします。038.gif

b0306745_06092493.jpg

う~ん、テーマは「男の色気」、笑。

生地は赤、鼻緒には、使わなくなったネクタイを使うことにしました。

b0306745_06101165.jpg

まずは布を6~8センチの幅で150センチ程の長さに切っていきます。

本数は20本位でしょうか。

さっきの格好悪い道具を使って編んでいきます。

ほうほう、なかなか使いやすいではないですか!005.gif

足に引っ掛けて編んでいた時よりもずっと編みやすいし、きれいにできます。

ぱさぱさとほつれてこないように布の切れ端を内側にたたむようにしていきます。

最初は慣れなくて、1ほんずつアイロンをかけていましたが、もう大丈夫。

はじめての方は、アイロン掛けをしておいたほうが作りやすいです。

b0306745_06105038.jpg
ネクタイをばらして鼻緒を作っておきます。

b0306745_06112435.jpg

2色を使って鼻緒を作ることにしました。

b0306745_06120085.jpg

待ち針でとめた印の間に綿を入れます。

b0306745_06124832.jpg

土台と鼻緒ができました。

主人の足に合わせながら鼻緒の調整をしてできあがり。

b0306745_06012224.jpg

もともとネクタイについてたキクチタケオのタグをつけようかと思ったら主人から却下。

「Styleを」ならいいけど・・・・・って。


b0306745_06134987.jpg


家族で布ぞうり・・・・・・

なんだか、主人のは粋で若旦那風な感じ。

私と息子のは・・・・・平民って感じ・・・・笑。003.gif


b0306745_06142735.jpg

布ぞうりの編み方は鼻緒を一緒に編み込む作り方と鼻緒を後から付ける作り方、その他にも色々あるようです。

最初は鼻緒を一緒に編み込んで作っていましたが、この方法だと鼻緒の布の柄が土台の中に編み込まれていきます。

好みでしょうが、私は仕上がりの綺麗さを考えて、鼻緒を後からつける事にしました。

強度も問題ないようですし、この方法だと後から個人に合わせて鼻緒の調節ができるのがいいです。





[PR]
by keseraserawahaha | 2014-08-10 22:25 | 作る | Trackback | Comments(2)

テーブルをリメイク

b0306745_09233989.jpg
飛び石連休のゴールデンウィーク。

子供が学校へ出かけている間にずっと気になっていた食卓用のテーブルをリメイクすることにしました。

こちらが元々のテーブル。

b0306745_09235188.jpg
見ていただいた通り、庭用のテーブルです。

真ん中にパラソルを立てる穴も空いているでしょう・・・笑

1年半ほど前から横浜と山梨の2重生活。

家具も2軒分必要になりましたが、なんでもかんでも買いそろえるにはお金がかかります。

このテーブル、以前は庭で使っていましたが、山梨のアパートではこれを食卓として使うことにしました。

木の間に隙間はあるし、パラソルの穴もあるのでビニールのマットをのせて使用していました。

テーブルの大きさは120㎝×60㎝。

家族3人で食事をする時はとても狭いんです。

何とかしたいと思いながら1年半たってしまいました。

ゴールデンウィークだし・・・・とやる気になりました。

材料を揃えます。

b0306745_09240996.jpg
木材と水生ステイン(塗料)

以前はよくオイルステインを使用しましたが、水性があることを知って今回は水性ステインを使うことにしました。

理由は水性のほうが水で洗い流せるし扱いが楽だからです。

ステインを木材に塗っていきます。

b0306745_09232001.jpg
刷毛でスイスイスイ~。

b0306745_09230778.jpg
塗り終わりました。

乾いたら元々のテーブルに貼っていくだけ・・・・

b0306745_09241880.jpg
こんな感じかな・・・・

おおざっぱながらも一応メジャーで中心など測ってみます。037.gif

トントン、ダンダン、トンカチの出番。

はいっ! 出来ました。

b0306745_09371829.jpg
なんだか、長っぽそいぞ~。

なんだか、思っていたよりでっかいぞ~。

まぁ、いいか、「大は小を兼ねる!」034.gif


出来上がったテーブルで早速食事。

座ってみると向い側の息子が遠くて笑っちゃう。

b0306745_10095624.jpg


貴族の食卓だぁ~、なんか遠いね。

「お~い聞こえる~」と呼んではゲラゲラ、笑。

ご飯とお味噌汁以外のおかずを真ん中においてみると遠~い、笑。

向かい合わせの私と息子はおかずまで手をのばすのが遠すぎ。

自分のところに持ってくるまでにぽたぽたとたらしたり、ぷらぷらしてしまうのです。

結局コーナーに寄り添って食べてゲラゲラ、笑。

「大は小を兼ねなかったっ!」

という私の発言から新しいことわざ考え開始。

「大で小を懐かしむ」   

がははははっ

「大もほどほどに」

がははははっ

「大もいい加減にしろっ」

がははははっ

「大なのに不便」

がははははっ

なんだ、大きくしたのにいいとこないの??

じゃぁ

「大は楽しっ」

大きいのが好きな私ですが、大き過ぎも使いずらいと知りました。041.gif041.gif

来週は横浜から電気のこぎり持ってきて、小さくするぞっ!034.gif


そして、数日後、このテーブルは大幅に、更なるリメイクをされてしまうのです!

とんでもなく、ド派手に変身です!

その様子はこちらからどうぞ。

http://shirotume.exblog.jp/22624786/





[PR]
by keseraserawahaha | 2014-05-01 10:06 | 作る | Trackback | Comments(0)
b0306745_10314756.jpg

ケチャップがなくなったので容器を洗って捨てようかな~と思いました。


b0306745_10321945.jpg
ふと冷蔵庫の中に昨日のホットケーキの生地が少しだけ残っていたのを思い出しました。

あっそうだっ!

ミニ・ちびくろサンボホットケーキを作くろう!034.gif

b0306745_10331748.jpg
ケチャップの容器に残っていた生地を入れました。

b0306745_10323049.jpg
この容器に入っていると小さな丸い形もちょちょいのちょい。

15枚できたっ!


b0306745_10324273.jpg

だけど、焼きながら4枚すでに味見にぱくり。

残り12枚。

b0306745_10325316.jpg
ちょっと火が強かったかな?

昨日イチゴは食べちゃったし、ある果物はバナナだけ~。

あれっ?11枚になっている?005.gif

無意識に味見で1枚食べてしまいましたっ。


b0306745_10314756.jpg
黒蜜をかけていただきます。038.gif

b0306745_10330786.jpg
主婦の昼下がりです。






[PR]
by keseraserawahaha | 2014-02-01 10:56 | 作る | Trackback | Comments(2)
息子といつか家を建てたら、そんな夢の話で盛り上がりました。

私は大きな大きな大~きなテーブルのある家がいいと言いました。045.gif

息子も大賛成。

息子「いいねぇ、いいねぇ~」038.gif
   「それでさぁ、食べ終わったお皿は自動でキッチンまで流れて行くのがいいよっ!」034.gif

私  「いいねぇ、いいねぇ~」038.gif

と意気投合!

二人で盛り上がった結果、回転寿司屋さんのベルトコンベアのシステムが夢のようだねとなりました。

なぜ、ベルトコンベア式がいいかというと、理由があります。笑

主人は食べ終わっって空いたお皿がテーブルに残っているのが好きではなく、お皿が空く度に息子に「ちょっと下げてくれるかい?」と頼むのです。

主人は毎日ゆっくりと晩酌するので、息子に頼むのは、息子が食べ終わってからなんですけどね。

息子はせっせとビールを運んだり、お皿を下げたりしています。

だから、自動ベルトコンベア式です。笑

そうえいば、息子が2歳位の時に回転寿司屋さんのテーブルを作ったことを思い出しました。

イメージが近いかも?023.gif

DVDがあったので携帯で撮ってみました。画像が悪いのですが紹介します。

b0306745_17212293.jpg
段ボールを2つをつなぎました。

b0306745_17213808.jpg
段ボールには木目調のシートを張ってテーブルらしくしました。

紙皿(息子は絵を描いて参加)2枚を貼り合わせたものを2つ用意して、テーブル中央2か所にねじでとめます。

金具のあるお皿が歯車の役目。

ゴムを歯車の部分に通し、金具を回すとゴムについてる周りのお皿も回転するという仕組み。

分かりづらいですね。

息子が歯車の部分の金具を回してベルトコンベア式でお寿司を回転させている写真です。

こんな感じ。伝わりますか?

b0306745_17220331.jpg
のれんの向こう側が厨房。

向こうで乗せたお寿司がベルトコンベア式で出てきます。

ワキの四角い穴は食べ終わったお皿を厨房へ返すところです。笑
b0306745_17203201.jpg
おいなりさんや、里芋の煮物が出てきました。

b0306745_17221790.jpg

遊ぶ時期が終わったら捨てられるようにと、この頃は段ボールでよく色々なものを作りました。003.gif

これはみかんの段ボール6個をつなげて作ったキッチン。003.gif  

b0306745_17230340.jpg
白い壁紙を貼り付けてつなぎました。

シンクにはお料理に使うバットと、水道の蛇口につけるシャワーホースを。

ガス台にはアミの鍋敷きを。

100円均一で買ったり、家にあったものを使いました。


b0306745_17231562.jpg
   037.gif012.gif

[PR]
by keseraserawahaha | 2014-01-20 20:22 | 作る | Trackback | Comments(0)


b0306745_17234587.jpg


お菓子のパッケージが大好き。

きれいで 楽しくて おいしそうで・・・・・なんて素敵なんでしょう016.gif

今回はお菓子の袋で息子のゲームの攻略本とゲームを持ち歩くバックを作りました。

b0306745_17240990.jpg
我が家ではスナック菓子をあまり食べないのですが、なんとかこれだけ集まりました 。

本当~は、レジャーシートを作りたかったのですが!!!017.gif
袋の寄付がないと我が家で集めるのには無理がありました。

どうぞ、皆さん、お菓子の袋はぜひ、我が家にくださいね。049.gif

袋はなるべくきれいに切ってとっておきます。ポテトチップスなどの袋の場合は後で縫うことを考えて切り、中身はきれいに洗います。

袋は開かずにそのままの形で縫い合わせていきます。

b0306745_17243306.jpg
出来上がった形を考えながらミシンでカタカタと。

b0306745_17250123.jpg
今回は裏地にデニムを使いました。

結構厚くて縫いづらく、もう少し薄手の布にしておけばよかったなぁ~。

こんな感じになりました。



b0306745_17234587.jpg
持ち歩いていると、ちょっと見せて~と言われるようです。003.gif

b0306745_17251547.jpg
レジャーシート作りたいなぁ・・・・・・023.gif

寄付、お待ちしておりま~す。029.gif


[PR]
by keseraserawahaha | 2014-01-15 17:56 | 作る | Trackback | Comments(2)

和菓子のような入浴剤

b0306745_17333168.jpg

こうして盛り付けると、ちょっとおいしそうな和菓子みたいですね。

これ、入浴剤です。

今朝、私の住んでいる山梨県南アルプス市の朝は氷点下になりました。

朝はスロージョギングをしているのですが、畑も、葉っぱも真っ白に凍っていました。

吐く息も白く、空気は凛として向こうに見える富士山も雪で真っ白です。

柿の木がどれもハラハラと葉を落としていきます。

柿の木がみんなで今日にしようと打ち合わせをしたかのように・・・・・

こんな光景に初めて出会いました。

ハラハラと涙を流すように順番に葉っぱが落ちていきます。

カサっと静かな音をたてながら・・・・・・。

きっと今日中に葉はみんな落ちてしまうのだろうな・・・・・

その静かな柿の姿にしばらく見とれていました。

「冬が来たよ」「冬が来たよ」と柿の声が聞こえてくるようでした。

私は、寒い夜の暖かいお風呂の為に入浴剤を作ることにしました。

材料はとてもシンプル。

重層 ・クエン酸 ・アロマオイル ・桜の塩漬け

使う道具はボールと製氷皿と霧吹き

重層もクエン酸も100円均一で売っています。食べる訳ではないので

お掃除用で十分だと思います。


b0306745_17490398.jpg

重層2 : クエン酸1の割合でボールに入れて混ぜます。

霧吹きで水をシュッシュとかけながら混ぜ合わせていきます。

水はいっぺんに加えるとシュワシュワしてしまうので霧吹きがいいと思います。

お水の中にゆずの果汁や、アロマを数滴入れておくと香りを楽しめます。

といってもそれほど水分を加える訳ではないので作る時にほのかな香りを

楽しむ程度です。でも作業がずっと楽しくなります。

さらさらとした粉が少し水分の多いお砂糖のような状態になるまで数回霧吹きを

かけては混ぜていきます。

ギュッと握って軽く固まりになるぐらいになればOKです。

思っているよりも少し水分は少なめにしておくとよいと思います。

製氷皿の底に桜を並べて置き、その上に混ぜ合わせた粉を詰めていきます。

ぎゅっぎゅと指で押さえながら・・・・。

しばらく他のことをしていると、表面が固まってくるのが触って分かると思います。

もしできるなら、数時間このままのほうがよく乾燥して取り出しやすいと思います。

乾燥したら製氷皿を逆さまにして、コンコンっとテーブルにたたくようにすると

ストンと出てきます。

あとはラップに包んで保存してください。


b0306745_18111640.jpg


アロマオイルですが、香りが飛んでしまうともったいないので、私はお風呂に入る前に

このキューブの上に2~3滴たらしてからお風呂に入れます。

プレゼントする場合は、キューブにした状態のものに2~3滴たらしてから

ラッピングしてください。


今日は無印のウィンターホレストというブレンドされたオイルを使いました。

お疲れ様の旦那様のお風呂に入れてあげたいですね。


今日のお風呂・・・・・私は2番風呂です。

お風呂のフタを開けると、

「あっ・・・・・・」

かわいらしい桜の花がひとつ浮いていました。


ちょっとうれしくなりました。


b0306745_22315947.jpg

この桜を摘んだ春の事が思い出されます。

楽しかったなぁ・・・・桜摘み・・・・・

来年もいっぱい摘もう・・・・・・





[PR]
by keseraserawahaha | 2013-11-21 05:59 | 作る | Trackback | Comments(2)
b0306745_09290546.jpg


クリスマスリースを作ろう「その1」 


ではどんぐりと松ぼっくりの煮沸まで紹介しました。

今日はその続きです。


b0306745_09265717.jpg


どんぐりと松ぼっくりをしっかり乾燥させたら工作です。

工作日は夕食もお風呂も片付けも早い早い。

楽しみがあるとテキパキと動けるものですね~。

お互い多少脱線しても「あっそうだそうだ、工作工作!」と見事な軌道修正をみせます!043.gif

土台は段ボールにしました。

スーパーの空き箱コーナーから持ってきて丸く切り抜きました。

強度と見た目を考え、2枚重ね。(箱の印刷面を内側に貼り合わせ)


後は思いのまま木工用ボンドで貼り付けていきます。

私は全体のイメージをのせてから貼り付けに、息子はひとつずつ進めます。


息子は途中からグルーガンに・・・・。

こちらのほうがすぐに固定されるので子供にはやりやすいようですね。

私は仕上がりと強度面で木工用ボンドのまま・・・・。

b0306745_09281166.jpg
仕上げです。

息子はシルバー、私はクリアーのアクリルスプレーを塗りました。018.gif

アクリルスプレーは100円均一で買いました。



b0306745_09290546.jpg


b0306745_09301973.jpg


息子のは宇宙ステーション「木の実」と名づけました。027.gif

真ん中にろうそくを立て、テーブルの真ん中に置きたいと思います。

工作意欲がおさまらず、ついでにマカロニリースも作ります。

段ボールの台紙にマカロニを貼り付けていきます。



b0306745_09415563.jpg



こちらも乾かしてスプレー塗料を塗りました。

こちらは人工衛星「マーカーローニ」。027.gif



b0306745_09332430.jpg

あぁ~楽しかった・・・・038.gif


・・・・・今シーズン、もう一回どんぐり拾いから始まりそうな気がします。041.gif

034.gif
追記・・・・・壁掛け用に、段ボールの溝にそって針金を通します。











[PR]
by keseraserawahaha | 2013-11-14 09:46 | 作る | Trackback | Comments(0)