毎日を楽しく自分らしく


by keserasera
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:アイディア( 51 )

お茶のリメイク

b0306745_1775063.jpg

御葬式などでいただいてきたお茶、ありませんか?

そのお茶をリメイクして美味しくいただきます。

フライパンにクッキングシートを敷き、そのうえにお茶を入れます。

b0306745_1783529.jpg

後は弱火で、かき混ぜながらゆっくりゆっくりと煎じていきます。

しばらくすると、部屋中に香ばしいお茶の香りが広がります。

お茶屋さんの前を通った時に薫るあのお茶の香りで家中が満たされます。
なんていい香りなんでしょう・・・・。

リラックスできるのに、何か背筋がピンと伸びるような、凛とした香り。

これが日本の文化なのでしょうか。

後はしっかりと冷めるまでそのまま置き、冷めてから容器に入れます。

自家製ほうじ茶の出来上がりです。

b0306745_179767.jpg

「ただいま~、なんかお茶のいいにおいがするねぇ~」
ちょうど息子が元気に帰ってきました。

二人でできたてのほうじ茶をいただきます。
息子はチョコパイと一緒に・・・・。

どうぞ、皆様もほっこりした時間をお試しください。

b0306745_1795483.jpg

我が家では長い間、気に入って飲んでいるお茶があります。

そのお茶との出会いはもう20年以上前のことです。

友人の家に遊びに行ったとき、そのお家のお母さんが入れてくださったお茶が
とてもおいしくて驚いたことがあります。

おばさんは帰りにその茶を持たせてくれました。

それからは自分でも取り寄せるようになりました。

福岡県の八女茶で牛島製茶さんのお茶です。
今は「やすらぎ」という御茶をいただいています。

おばさん・・・・・、元気かな?

あの時はおいしいお茶をごちそうさまでした。
[PR]
by keseraserawahaha | 2013-10-29 17:12 | アイディア | Trackback | Comments(0)
b0306745_19441051.jpg

今日は山梨のアパート、キッチンから。003.gif
くまボトル、かわいいでしょう。
コストコのはちみつが入っていた容器です。
キッチンでよく使う、小麦粉、片栗粉、ダシ昆布、ごぼう茶を入れています。012.gif

 
b0306745_19453550.jpg


材料は、はちみつの入っていた容器4個と、30センチ程の木の板、ネジ、結束バンドを使いました。

まずは、木の板にフタをねじでとめます。

b0306745_19471425.jpg



あとは棚に結束バンドでとめるだけです。
フタはねじで固定されているので、ボトルは片手で回しながら開けたり閉めたりできます。005.gif
b0306745_19553890.jpg


子供が小さかった幼稚園のときには、このボトルをコップ代わりのようにして使いました。
ストローも固定されてこぼれにくく、お友達が来たときにはストローの色を何色か用意しておいて、
赤が誰ちゃん、青が誰ちゃんという具合にして使いました。
ちょっとかわいいし、子供も喜びましたよ。003.gif

b0306745_19475889.jpg

[PR]
by keseraserawahaha | 2013-10-28 11:37 | アイディア | Trackback | Comments(0)
b0306745_145136.jpg


家の中は落ち着いたダークな色合いの雰囲気が好きです。

我が家の和室は元々は正し~い和室の色合いでしたが笑、気がつけばどんどんダークな色合いに。003.gif

家具はオイルステインを塗り統一した色合いに・・・・
柱もふすまも木の部分はオイルステインを塗ってしまいました。

b0306745_14514795.jpg


ふすまはよくある「竹と鶴」?というような和柄でしたが、これもペンキを塗ってしまいました。
そして、下、三分の二は、漢詩?模様の和紙を貼りつけました。

ある時この部屋で寝る時があって、天井を見上げると、ここだけが正し~い和室の色合いで違和感があるのです。
肌色っていうのかしらね~。

ここは変んだぞ・・・と、これまた、茶色のペンキを塗ってしまいました。

茶色のペンキがあまったので照明器具に模様をつけ、格子柄の緑色の部分はマニキュアを塗りました。037.gif


荒いですよね。012.gif

障子は、子供が小さかったのでビリビリ破れるのがめんどくさく、どうしようかなぁ~と考えていた頃、ホームセンターのビニールのテーブルクロス計り売り?切り売り?コーナーで和紙柄のクロスをみつけてしまったのです。

もう運命的出会いに思えました。005.gif

もう、ウキウキ気分で買って帰り、イスなどの座面を止めるホチキスで直接ふすまに「バンバンバンッ」と打ちつけました。

b0306745_14524023.jpg


それからはもう、楽ちん楽ちん、9年経ちますが、張り替えはもちろんないですし、指が入っても大丈夫なので、掃除の雑巾がけもサッサカサァ~と気にせずに拭けちゃいます。
そいえば、色あせもないですね。
[PR]
by keseraserawahaha | 2013-10-26 14:57 | アイディア | Trackback | Comments(0)

暮らしの工夫

b0306745_12292522.jpg

さて、この写真の中に隠されている秘密はなんでしょうか?

後ろに見えるクリスマスツリー?

いえいえ、そうではありません。

いえ・・・・そうともいえますが・・・。023.gif

そうですね~・・・
写真に写ってしまったからには、なぜこの時期にクリスマスツリーかという
お話もしなくてはいけませんね。

でもそれは後日またお話しましょう。

この写真の中にはとても工作チックな仕掛けがあるのです。
わからなければ、私の勝ちです!003.gif

では、秘密を拡大してみましょう。004.gif
「ここ」です。

b0306745_12295940.jpg

おわかりになりましたか?

正解はこれです。

じゃ~ん、お恥ずかしい。037.gif

b0306745_12304346.jpg


天井のコンセント部分を隠す為に工作をしました。

これは、バーベキューか何かで使った残りの紙皿です。

それに、黒い金属に見える塗料を塗りました。

ねっ、金属に見えるでしょう?023.gif

私の勝ちでした?

あなたの勝ちでしたか?037.gif037.gif
[PR]
by keseraserawahaha | 2013-10-23 12:36 | アイディア | Trackback | Comments(0)

思い出を飾るアイディア

b0306745_7493469.jpg


家の中を少し紹介します。
こちらはリビングダイニング。
壁には額縁が並んでいます。
思い出が入っています。

b0306745_7502042.jpg


1つは祖母が亡くなった時に、祖母の荷物を整理して出てきたたくさんのお裁縫道具達。
昔、布団屋だったおばあちゃんは商品であった針やスナップも大量にとってありました。
その中からおばあちゃんがよく使っていたものや、布団屋思い出の針など、少しの思い出を額に入れて後は処分しました。

b0306745_751214.jpg


もう1つは息子が幼稚園の時に描いた、いくらご飯です。
息子がいくらご飯の美味しさを初めて知った頃の絵です。

「いくらご飯おいしかったねぇ~」といってお絵かきをしてきました。

その美味しさが伝わってくる迫力とつや。
大きな紙の中に描いたひとつの絵だったので切り抜いて額に収めました。

額は、よくある、・・・・・
いえ、今ではあんまり見かけなくなった、昔ながらの古~い昭和チックな賞状を入れる額があったので、黒のペンキで枠を塗り、中には家にあったハギレを敷いてみました。

b0306745_751299.jpg

[PR]
by keseraserawahaha | 2013-10-22 06:30 | アイディア | Trackback | Comments(0)
b0306745_1151206.jpg

楽しかった特別な日を写真絵本にしています。

子どもが主人公のお話も何冊か描きましたが絵を描く事はあまり得意ではないのでいつのまにかこの写真絵本になりました。

b0306745_1153862.jpg


気に入った写真を選んでその写真に物語をつけていきます。
最後のページには、著者紹介やあとがきなんていうものを書いてみたり、笑。

b0306745_1154510.jpg


b0306745_11543928.jpg
内容が決まったらプリントして、製本していきます。
2~3日かかる作業ですが一つ一つがとても楽しい時間です。

こうして絵本にして残しておくと、子どもと一緒に寝る前に一緒に読んだり、楽しい時間にもなりました。

なぜでしょう?
こどもは「あとがき」が好きです、笑。

今回はいいか~とあとがきをつけずに製本してしまうとこどもはとてもがっかりしていました。

2013年、今年の夏は、晴れていれば川遊びに出かけました。

その楽しかった夏「尾白川」をそのうち作る予定でいますので、作り方はその時に紹介していきたいと思います。
[PR]
by keseraserawahaha | 2013-10-21 11:57 | アイディア | Trackback | Comments(0)

家庭内ビジネス

b0306745_737048.jpg

ウチには小学校3年生の息子がいますが、お小遣いというものをこれまで定期的にあげたことがありません。

親としてお小遣いを提案した時もあるんですよ。

方針という訳ではなく、息子の意向でそうなっています。

息子は、何か欲しいものが出来ると、家庭内ビジネスを始めます。

紙を切ったり、なにか楽しそうに作ったり、考えたりしているなぁと思うとチケット売り場が出来ます。029.gif

チケットは色々です。

掃除機3回で10円、食器洗い3回で10円、お風呂掃除、肩もみ・・・・・。

金額はとても安く、でも仕事は確実で、丁寧、仕上がりはたぶん、夫よりも信頼性があります笑。037.gif

という訳で、本人の申請金額をミーティングにて少し高めに設定しました。

遠慮がちな息子は「えっいいの?悪いじゃん」と言いますが、これはビジネス、どれ位の価値があるかを主婦として査定。

私も助かる、息子もうれしい金額に。

私も、お金を出してサービスを買っていると思うので、もっとこうして欲しいというようなリクエストはきちんと伝えています。

息子も仕事をしてお金をもらっているという意識があるのか、とてもまじめに丁寧に取り組んでくれます。

ますます、確実で丁寧な仕上がりに。

肩もみは20分100円ですが、かなり上手く、やってもらう側もしっかりお得感を感じます。

1回頼むと、10円引き、10枚貯めて、時間2倍などのハズレのないクジが引けます。
ポイントカードもあり、10枚集めるとサービスが受けられます。

その他にも、青、黄色、赤のボールが家の中に隠されていて、運よく家事の合間に見つけ出すと、これまたサービスを受けられます。

赤 ・あし・見つけやすさ・★★★
青 ・て ・見つけやすさ・★★
黄色・かた・見つけやすさ・★

となっています。
[PR]
by keseraserawahaha | 2013-10-16 07:33 | アイディア | Trackback | Comments(0)

ペットボトルの再利用法

ペットボトルの銘柄の部分、ウチではちょっとした宝物扱い。

「あぁ~ちょうだい、ちょうだい」「ぼくがやりたい、やりたい」
親子で順番子!がなんとなくルール037.gif

今日は洗濯機のホースにちょっとした切れをみつけたので、この方法で修理してみようという訳。
ほらできた!!!
b0306745_7175393.jpg

003.gif
どうやったかというと・・・・・こうして
b0306745_7205263.jpg

あとはドライヤーをあてるだけ
b0306745_723572.jpg

この縮んでいく様がとても面白くて親子で取り合いになる人気の遊び037.gif

飲んだ後は、破れないように気をつけて外して、色んなものを包んじゃいます。

破れないように外すにはちょっとしたコツがあります。
そのまま外そうとすると切れてしまいます。

こんな風にペットボトルをつぶしてから外します。
b0306745_7285450.jpg

今日は何をパッケージしてみようかな?
b0306745_7294854.jpg

この木のホルダーパッケージしてみよう!
b0306745_7301242.jpg

ただ、それだけの遊びなんですけどね、繰り返して遊んでしまう楽しさがあります
043.gif
[PR]
by keseraserawahaha | 2013-10-03 07:34 | アイディア | Trackback | Comments(2)

ボビンの整列

私のボビン糸達です。
水道につけるホースを使い収納しています。ホースの立てに1本切れ目を入れるだけ。
ボビンがしっかりと固定されますし、きれいに整列できて、取り出しやすいですよ003.gif
b0306745_5103147.jpg

こちらは裁縫道具入れ。
釣り道具屋さんで買いました037.gif037.gif。800円ぐらいだったかな?
きっと、浮きや釣りの糸、重りなど入れるケースなんだと思いますが、軽いし、段々がいっぱいだし、取り出しやすいし、とても使いやすいです。
皆さんはどんな裁縫道具入れなんだろう?
b0306745_5122814.jpg

[PR]
by keseraserawahaha | 2013-10-02 05:12 | アイディア | Trackback | Comments(0)
b0306745_681344.jpg

これも我家の電気のかさ、シャンデリアならぬ、ハケデリア023.gif

数ヶ月前ことですが、息子の通っていた幼稚園が閉園され、幼稚園も取り壊されてしまうというのでお別れに行きました。
がらんとした園内は、ほとんどのものが片付けられ、部屋の片隅には、もう処分されるという園児達が愛用してきた道具やおもちゃがほこりと一緒に置かれていました。

その中で、長年愛用されてきた誇りを持ち、暖かくそこに座っていたのが、この刷毛とオケ。
とても素敵に見えました。

この刷毛とオケと目が合った瞬間、はけでりあが私の中に出来上がっていました。
そして今は我家の台所の照明になりました。
昨日紹介した鬼デリアと同様、こちらも電気のスイッチを入れるたび、子どもたちがパンツ一丁でペンキまみれだったことを思い出し、ほっこりとしています。
[PR]
by keseraserawahaha | 2013-09-29 05:47 | アイディア | Trackback | Comments(0)