毎日を楽しく自分らしく


by keserasera
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

スプーン総出「さわちゃんの黒豆」

b0306745_15374264.jpg
b0306745_15253953.jpg

家にある大きなスプーンも木のスプーンもみ~んな、洗いに出されてしまいました。
犯人は息子。
大好きな黒豆を一口、一口と食べる度にスプーンの洗い物が増えていったのです。
正確には・・・・・私もまぁ同罪。012.gif

b0306745_15294863.jpg

おやつに食べ、冷蔵庫を開けては一口食べ、風呂上がりにも一口食べ、ちょいと歯磨き前にも最後の一口。

あっという間になくなってしまいました。
でもパクパク食べられるような黒豆なんです。

b0306745_16022190.jpg
このおいしい「さわちゃんの黒豆」のレシピが我が家にやってきて、いつのまにか10年以上たってしまいました。

それはあるお正月のことでした。

さわちゃんちでいただいた黒豆があまりにも絶品で、その場にあった箸袋をひろげて作り方をメモしてきたのです。005.gif

今ではすっかり我が家のレシピ。
10年間で我が家流に少し分量が変わりました。
甘さは控えめ、やめられない、止まらないおいしさです。

b0306745_15383479.jpg

材料

黒豆 400g

砂糖 200g

醤油 大さじ2

重層 小さじ 4分の1

水   6カップ位

作り方 
砂糖、醤油、水を鍋に入れて沸騰させます。そこに重層を加えます。
洗った豆をその中に入れて一晩そのままおきます。

b0306745_15392147.jpg
翌日より、豆がいつも浸っているように水を足しながら1回1時間位を2~3回家事の合間に
ちょこちょこと火にかけます。
最初はアクが出ますのでこまめに取ってください。045.gif


b0306745_15395527.jpg
アクが取れたら、鉄釘の代わりにアルミホイルで落としブタをします。

合計3~4時間かけて弱火で煮ます。手で押すとつぶれる位にします。
煮た後も豆が顔を出さないように汁にひたしておきます。

b0306745_15412096.jpg

冷めたら冷蔵庫で寝かせます。
(保存の時にも豆が汁から顔を出さないようにします。)
味が落ち付いておいしくなります。

一晩たつとサラサラだった煮汁がとろっとしています。
お砂糖の種類にもよりますが、普通の白砂糖のほうがどろっととろみがつきます。
我が家ではきびとうを使うので、わりとさらりめのトロッと感になります。

コツはアルミホイルの落としブタと重層、豆が汁から出ないこと、ちょこちょこと煮る事でしょうか。034.gif

お正月にいかがですか?












[PR]
トラックバックURL : http://shirotume.exblog.jp/tb/21641275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by keseraserawahaha | 2013-12-14 16:05 | レシピ | Trackback | Comments(0)