毎日を楽しく自分らしく


by keserasera
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

さくらご飯を炊きましょう

b0306745_23381058.jpg


このところ、台風の影響でお天気がすっきりとしない日が続いています。
洗濯物も乾きません。

そんな時は気分だけでも、春めいてみたいです。012.gif
という訳で今日はさくらご飯を炊きましょう。

このさくらご飯、作っている間から食べている時も、ほのかな桜の香りに包まれて、昔の懐かしいひとこまの記憶がよみがえり、春の風を思い出し、風景が思い浮かび、不思議な心の旅に出かけてしまう力があるのです。


きっと、作ってみればわかると思います。

食すればきっとわかってもらえると思います。

桜のちから・・・・。012.gif

桜は春の間に自分で摘み、塩漬けにしています。
これもまたとても楽しい時間で大好きです。

桜を摘むのは夢中になってしまいます。

塩漬けは鮮やかなピンク色に発色するその瞬間にみとれてしまいます。

b0306745_23412973.jpg


作り方
★もち米3合
★桜の塩漬け 20個位。(5個が飾り用)
★昆布 5センチ×5センチ位(あれば、なくても大丈夫)
★酒少々
★食紅微量

もち米は磨いで1時間以上水につけておく。

桜の塩漬けと昆布も水につけて置く。

もち米の水は一度捨てる。
桜を戻した水と酒少々を入れて3合分の水加減に合わせる。桜を戻した水と水道水はだいたい半はんの割合。

桜の塩漬け15個程を手でちぎり、米の上へ散す。昆布も入れる。

この水の味をみて、塩気を加減する。
足りなければ桜の塩漬けについていた塩を入れ、濃ければ水で調節する。

お好みで食紅をつまようじの先にほんのちょっと微量入れるとほんのりとピンク色になる。(私は少しだけ入れています。)
入れすぎ注意。
入れる量は写真のようじの先を見てください。

b0306745_23425595.jpg
b0306745_2343796.jpg


さくらの塩漬けの塩はほんのりとピンク色に染まり、きれいです。
てんぷらの脇に添えて、さくら塩でいただくのもうれしいです。

ぜひ、お試し下さい。

春になりましたら、さくらの塩漬けもまたお試し下さい。

桜の塩漬けの作り方はこちらからどうぞ。




[PR]
トラックバックURL : http://shirotume.exblog.jp/tb/21336798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by keseraserawahaha | 2013-10-24 11:42 | レシピ | Trackback | Comments(0)